【驚愕】人間は◯◯するために生きている。

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

詩人ロバート・ブラウニングは、「成長以外に、この世にとどまる理由はあるか」と書いた。

ほとんどの人は成長は良いことだと考えているにもかかわらず、成長するために努力している人はあまりいない。

それはなぜかと言えば、成長は変化を伴うものなのに、変化を嫌がる人が多いからだ。

変化なくして成長はあり得ないのである。

作家ゲイル・シーヒーはこう主張する。

「変化しなければ成長しない。

成長しなければ、本当の意味で生きていることにはならない。

成長は一時的に安定を失うことだ。

それは、慣れ親しんではいるが型にはまったやり方や、安定しているが退屈な仕事、時代遅れの価値観、意味のないつき合いを排除することでもある。

ドストエフスキーが言うように、『新しい一歩を踏み出すこと、新しい言葉を使うことを、多くの人は非常に恐れている』のだ。

しかし、本当の恐怖はそれとは反対のところにある」

変化も進歩もない。

どんよりとよどんだ生活など、私には考えられない。

しかし、自分に影響が及ぶとなると、たいていの人は変化をいやがるものだ。

トルストイは、「人はみな世界を変えたいと思うが、自分自身を変えたいとは思わない」と言っている。

しかし、皮肉なことに、変化を避けることはできない。

誰もが変化と向き合わなければならない。

それとは逆に、成長はその人次第だ。

成長することもできるが、成長を拒むこともできる。

だが、忘れてはならないのは、成長をいやがる人に潜在能力を伸ばすことはできないということである。

人間は、こと成長と変化ということになると、すぐに決まりきったことしかしなくなる。

成長は選択であり、成長することを選んだ人の人生には大きな変化がもたらされる。

引用:ジョン・C.マクスウェル 著
『夢を実現する戦略ノート』三笠書房