「ですが」「しかし」「でも」「だけど」

banner02
うつむく いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

人に好かれたいと思うなら、

いますぐに

「ですが」「しかし」「でも」「だけど」

などという、言い訳がましい言葉を口にするのはやめてください。

それが幸運に恵まれた人になるための第一歩です。

そして何よりも大切なのは、

自分が謝なければならないときには

「申し訳ありません、ごめんなさい」と口に出して、

きちんと頭を下げなければならないのだということを理解してほしいのです。

何か言い訳することがあるにしても、

それは一言謝ってからでも遅くはありません。

「申し訳ありません」と一言謝ってから、

言いたいことがあるならば

「でも…」と、それを述べればいいのです。

「ごめんなさい」と一言謝ってから、

言いたいことがあるなら、「だけど…」と、

それを述べればいいのです。

それだけでも、与える印象はずっと良くなります。

~~~

出典

[うまくいっている人の「口ぐせ」の法則]

植西 聰 著

ダイヤモンド社 より