成功とは非常に難しいものだと思っていませんか?

banner02
成功 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

成功とは非常に難しいものだと思っていませんか?

皆さんの多くは、おそらくこう考えているのではないでしょうか。

「頑張っているのだけれど、なかなか結果が出ない」

「本当の成功を収められるのは、運と才能に恵まれた人だけだ。どうせ自分には、無理」

そういう人は、成功が、雲の上にあるように感じているのだと思います。

私にはそんな皆さんが、ラグビー日本代表ヘッドコーチに就任し、初めて会った時の選手たちに重なります。

私は選手たちに、力強く言いました。

「君たちは、これから世界のトップ10に入る!そして、3年後のワールドカップに、必ず勝つ!」

しかし、選手たちは、白けた顔をしたまま、誰も同意してくれません。

日本人は、とてもシャイです。

私の大胆な提案に、恥ずかしがっているのかと思いましたが、どうもそうではありません。

尋ねるうち、彼らはようやく口を開きました。

「日本が世界の強豪チームに勝つなんて、絶対に無理です。日本は、ワールドカップで過去に1勝しかしたことがないんですよ。それも20年以上も昔です」

「日本人は、外国人に比べてずっと体が小さい。こればかりは、どうしようもありません。ラグビーは、体と体のぶつかり合うスポーツです。どう考えても、勝てるわけがありません」

このように日本人選手の、「自分たちは弱い」という思い込みは、非常に強固でした。

やがてトレーニングが始まり、私は選手たちの思い込みを取り除きながら、チームに「ジャパン・ウェイ」という日本独自のやり方を植え付けました。

これは、ほかの国には真似できない「日本らしさ」を、徹底的に活かしたものです。

そこには、プレースタイルやトレーニング方法だけでなく、努力の仕方、マインドセット(心構え)など、精神的なものが多く含まれています。

スポーツは、身体的なものによる部分が大きいと考える方が多いかもしれませんが、実際は、そうではありません。

考え方や姿勢など、精神的なもののほうがずっと大きいのです。

「ジャパン・ウェイ」は少しずつ、チームに根付いていきました。

その結果、日本は世界のトップ10に入り(最高9位)、2015年のワールドカップでは3勝を上げることができたのです。

ワールドカップの試合で、特に印象的なのは、「奇跡の勝利」「スポーツ史上最大の番狂わせ」と言われた南アフリカ戦であることは言うまでもありません。

南アフリカは、過去ワールドカップで2回優勝しています。

通算成績は25勝4敗、勝率は世界一で、2015年の大会でも優勝候補でした。

一方、日本の過去における戦績は、1勝21敗2分。

25年前の1991年に、1度勝ったきりです。

試合前、あるイギリスの大手ブックメーカーが出したオッズでは、日本が34倍、南アフリカが1倍でした。

これは日本んがほぼ間違いなく負けることを意味します。

日本は劇的な逆転勝利で、それをひっくり返したのです。

日本人は、ものすごい底力を持った民族です。

それは短い歳月で目覚ましい成長を遂げた日本の選手たちを、間近で見てきた私が、誰よりも実感しています。

日本人にしかない強い力…、それはいくつもあります。

限りない粘り強さ、並外れた勤勉さ、きめ細かな技術、頭のよさ、そしてあの感動的な連帯感…。

一方で日本人は、謙虚な国民です。

謙虚はもちろん美徳にはちがいありません。

しかし、弊害があるように思えます。

それは謙虚がいきすぎて、自身を過小評価し、あの素晴らしい力を眠らせてしまうことになりかねないからです。

日本人は、自分の長所に気付くことが、非常に不得手だと思います。

そこへ内向きでシャイな資質が加わり、「どうせうまくいくはずがない」と、マイナス思考を凝り固まらせている人が、とても多いのではないでしょうか。

「自分はどうせダメだ」というマイナス思考が、成功を阻(はば)んでいるのです。

それを取り除きさえすれば、誰でも成功を手に入れることができます。

『ハードワーク』講談社