自分が選んだのなら必ず活路はひらける

banner02
開く いいため話
画像:http://publicdomainq.net

望みどおりの道が開けていれば、そりゃ誰も迷いはしません。

ラクな道があるならば、誰だって容易に判断も選択もできる。

どれを選んでも苦しいし、怖いし、寂しいし、リスクもある。

そういう中から選ぶのだからこそ、自ら、
“決断”したのだといえるのではないでしょうか?

どんな道でも、

自分が選んだのなら必ず活路はひらける。

選ぶこともせずに、いよいよそっちへ行かざるを得なくなる状況になってはじめて行動するのなら、それは、行動したんじゃない。

行動させられたに過ぎない。

生きたことにならない。

転がされた石と同じです。

ただ「自分が選んだ人生だったのだ」

という確信だけが、振り返った日々を輝かせるのです。

~~~

出典

[人生を変える!「心のDNA」の育て方]

石井 裕之 著

フォレスト出版 より