病気とは「気」が「病む」と書く

banner02
病気 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

病気とは「気」が「病む」と書きます。

つまり「気(心)」が病んだ状態なのです。

それが、「体」の不調となって表れてくるにすぎません。

ただの小麦粉でも「これは、病気に効くすばらしい薬」と聞かされて飲むと、本当に効くのです。

それは、プラシーボ(偽薬)効果と呼ばれます。

症状は、小麦粉が治したのではなく、「効く」と信じた心が治したのです。

逆も起こります。

目隠しをして「あなたの腕にかぶれるうるし液を塗りましたよ」と暗示をかけ、ただの水を塗るとアラ不思議。

そこが、赤くはれてくる。

アレルギー反応が起こったのです。

これは、水にかぶれたのではなく「心」が「体」に反応させ、症状を発症させたのです。

つまり「想いは叶う」とは「悪い想い」も叶うのです。

いつも「若い」と思っている人は、全身機能が若さを保つ方向にはたらきます。

いつも「老けた」と思っている人は、さらに老けていきます。

体の機能が老化の方向に作動するからです。

同様のことは、人生のあらゆる場面で起こります。

仕事でも、スポーツでも「失敗するかも」と思うと失敗し、「成功する」と思うと成功するのです。

「失敗を話せば失敗が、成功を話せば成功がやってくる」(ナポレオン・ヒル)

だから、ネガティブな考えグセの人は、何をやってもうまくいかない。

「ああ、俺はだめだ。だめ人間だ」と頭を抱える。

すると、また失敗する。

何でもクセづくといいます。

こういう人は、強引にでも180度、スイッチを切り替える必要があります。

「できない」から「できる」、「ネガティブ」から「ポジティブ」へ、スイッチを回す。

_______

できる男は金を呼ぶ!

船瀬 俊介 著

主婦の友社