「チャンスは一度しかめぐってこない」というのは嘘。

banner02
チャンス いいため話
画像:http://publicdomainq.net

「チャンスは一度しかめぐってこない」とよく言われるが、それはまったく事実に反している。

おそらく、想像力の乏しい悲観論者の考え方だろう。

実際は、あなたの周りにチャンスはいくらでもころがっている。

ただ、よく注意していないので気がつかないだけなのだ。

では、どうすればチャンスが見つかるだろうか?

イギリスの名宰相チャーチルは「悲観論者はチャンスの中に困難を見るが、楽観論者は困難の中にチャンスを見る」と言っている。

アインシュタインも同じ意見で、「困難の中にはチャンスが隠されている」という言葉を残している。

チャンスはいたるところにある。

積極的にチャンスを探そう。

最も簡単な方法は、身近なニーズを見つけてそれを満たす工夫をすることだ。

実際、一部の人はこの方法を絶えず実践して成功をおさめている。

チャンスが到来するのをじっと待っていてはいけない。

チャンスは自ら見つけるものなのだ。

発明王エジソンが面白いことを言っている。

「ほとんどの人がチャンスを見逃してしまうのは、チャンスが作業服を着ていて、いかにも大変そうに見えるからだ」

《常にアンテナを張りめぐらせて社会のニーズを見つけよう。どれほど困難な状況でも、必ずチャンスはある》

『自分の価値に気づくヒント』ディスカヴァー