「なんでも知っている」という態度は幸運を遠ざける。

banner02
知ったかぶり いいため話
画像:http://publicdomainq.net

知ったかぶりをしない…。

おそらく、これは一見やさしそうにみえて、

身につけるのが最も難しい習慣の1つだろう。

能力のある人ほど、そして知識が豊富な人ほど、

それを他人に示したくなるのが人情だ。

だが、一度それをやり始めると、中毒になって
なかなかやめられなくなる。

そして、自分の優秀さに気が奪われ、

人の話を聞かなくなってしまう。

「なんでも知っている」という態度は幸運を遠ざける。

なぜかというと、人の心が遠ざかってしまうからだ。

力になってくれる可能性のある人ですら、

「なんでもわかっているのなら、協力する必要はないだろう」

ということになってしまう。

つまり、あまり優秀ぶるのは自分のためにならないということだ。

~~~

出典

[「運をつかむ人」16の習慣]

マーク マイヤーズ 著

三笠書房 より