【深イイ】ある女性とある男性とクッキーの話

banner02
画像:http://suzukaze.sakura.ne.jp/

女が一人夜の空港で待っていた。

飛行機が出るまであと、数時間。

女は空港の売店で本をあさり、クッキーをひと袋買って、腰をおろした。

夢中になって本を読んでいるうちに、ふと気づけば横にいる男が、こともあろうに、二人の間に置いた袋から、クッキーをつまんでいる。

女は騒ぎを起こすのがイヤだったから、知らんぷりを決め込んだ。

女は本を読み、クッキーをかじり、時計をみていたが、呆れたクッキーどろぼうは、クッキーをどんどん食い荒らしてくれる。

刻々と時間がたつにつれ、女のいらいらはつのるばかり…

私がこんないい人でなきゃ、ぶんなぐってやるわ。

女がクッキーを一つとれば、男もまた一つ取る。

最後の一つが残ったけど、この男はいったいどうする気だろう?

男は、頬をゆるめ、わざとらしく笑うと、最後のクッキーを手に取り、二つに割った。

その一つを女に差し出し、残りを男は食べた。

女は男からクッキーのかけらをひったくると、内心思った。

「ああ、なんてやつ。この厚かましき、この恥知らず、一言のお礼も言わないなんて!」

こんなに腹が立ったのは、生まれて初めてだわ。

出発便が呼ばれたときには、ほっと安堵のため息が出る始末。

荷物をまとめて、ゲートに向かい、

「恩知らずのどろぼう」には目もくれずに立ち去った。

女は飛行機に乗り、座席に身を沈め、やおら本を捜した、あともう少しで読み終わるわ。

荷物をまさぐった女は、驚いて息をのんだ。

なんと、自分が買ったクッキーがある!

「私のクッキーがここにあるなら…」

うちのめされて彼女はうめいた。

「あれはあの人のだった、それを私に分けてくれた…」

謝ろうにも手遅れだと、女は悲しみに身もだえた。

自分こそ、恥知らずの、恩知らずの、どろぼうだった。

引用:「心のチキンスープ3」
ダイヤモンド社 ジャック・キャンフィールド著