クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングの一部を見て驚愕

banner02
画像:http://shinbishika-guide.com/

2013年のFIFAバロンドール(年間最優秀選手賞)を受賞した“クリスティアーノ・ロナウド選手”

現時点で、世界ナンバーワンのサッカー選手と評価されているのですが、

その理由、少し分かった気がします。

以下は、クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングの一部です。

【ウェイトトレーニングメニュー】

スクワット(150kg) 6回×4セット

ベンチプレス(100kg)6回×4セット

クリーン(75kg)6回×4セット

レッグプレス(200kg)6回×4セット

デッドリフト(200kg)6回×4セット 

ショルダープレス(70kg)6回×4セット

アームカール(30kg)6回×4セット

トライセプスエクステンション(30kg)6回×4セット

ラットプルダウン?(75kg)6回×4セット

ベンチディップ(75kg)6回×4セット

ブリッジ×5(75kg)6回×4セット

これはウェイトトレーニングだけのお話なので、もちろんボールを使ったサッカー技術の練習も沢山していることでしょう。

それを裏付けるように、マンチェスター・ユナイテッド専属トレーナー“マイク・クレッグ氏”がインタビューで語っています。

_____

私はロナウドと5年間、トレーニングを行った。

彼は18歳のときにやってきたが、シニアの経験はあまりなかった。

彼は、私が出会った中で最も熱心に打ち込むサッカー選手になった。

彼はサッカーコーチ、マネージャー、フィットネスコーチ、ジムコーチが指示したトレーニングをすべて行ったが、彼はそれにプラスしてもっと鍛えていた。

ピッチ上でのすべてのトレーニングセッションが終わったあと、彼は自分でランニングをした。

そのランニングは、ボールと一緒に走ったり(ドリブル)、ボールをクロスさせながらだったり、シュートを交えたり、パスしながら行うランニングであった。

ロナウドが実現した最も大きなことは、本当にトレーニングをうまく行ったことだ。

プレッシャーが無い状態で、スキルとスピードのトレーニングを多く行ったのは間違いない。

彼は彼自身で、プレッシャーの無い状態で、すべての動きをリハーサルして確認した。

そして彼はトレーニングで行ったすべての動きを、ピッチ上で実行した。

最終的に、彼はすべての正しいプレーを練習して手に入れた。

そして彼は新しい形のスキルを、スタジアムの中で、大きな試合の中で試したのである(スキル、プレッシャーのある状態でのスキル、試合の中でのスキル)。

そして彼は世界のベストプレーヤーになった。

(yahoo知恵袋より)