アーノルド・シュワルツェネッガーとランチしたときに

banner02
アーノルド・シュワルツェネッガー いいため話
画像:Naverまとめ

私はアーノルド・シュワルツェネッガーとランチをともにしたことがある。

あれは1976年のことで、シュワルツェネッガーはまだ無名だった。

当時の私は、地元紙『ツーソン・シティズン』でスポーツコラムを書いていた。

シュワルツェネッガーに1日密着し、日曜版に彼の紹介記事を書く。

それが私の仕事だった。

私も、彼のことはまったく知らなかった。

取材を引き受けたのは、仕事だからだ。

気乗りのしない取材だったが、終わってみれば生涯忘れられない体験になった。

ランチの時間も彼と同席した私は、何気なくこんな質問をした。

「ボディビルの世界は引退したわけですが、次の目標は何でしょう?」

シュワルツェネッガーは、落ち着き払った声で淡々と答えた。

「ハリウッドで、もっとも稼ぐスターになるつもりです」

私は、あからさまに驚いた顔はしないように努力した。

もちろん内心は驚いたし、おかしくもあった。

だいたい彼が初めて出演した映画は興行的には大失敗だったのだ。

彼の言葉にはきついオーストリア訛りがあるし、それにあのボディビルダーの筋肉だ。

彼は、ハリウッドスターのイメージにはほど遠かった。

私はなんとか落ち着きを装うと、今度はこう質問した。

「それでは、ハリウッドのトップスターになるための具体的な計画はありますか?」

「ボディビルの世界と同じですよ」と彼は説明した。

「まずは、なりたい自分のビジョンを描くこと。次はあたかもそれが実現したかのようにふるまえばいいだけです」

拍子抜けするほどシンプルな計画だ。

シンプルすぎて、意味などないようにも思えた。

しかし私は、その言葉をノートに書き留めた。

そして、ずっと忘れなかった。

のちにシュワルツェネッガーは、インタビューで言った目標を達成する。

『ターミネーター2』の大ヒットで、彼は世界でもっとも客を呼べるスターになったのだ。

テレビでそのニュースを聞いた瞬間のことを、私はずっと忘れないだろう。

あれ以来、私は「なりたい自分のビジョンを描く」という方法を、自分のやる気を高めるツールにしている。

さらに工夫を加え、企業セミナーでも活用してきた。

ポイントは“自分で描く”ということだ。

ビジョンは誰かから与えられるのを待つのではなく、自発的に作り出したものでなければならない。

ビジョンがある人生とは「毎朝、目覚める理由がある人生」とも言える。

ビジョンの力で、あなたは毎朝、前向きな気持ちを感じられるようになるのである。

なりたい自分のビジョンは、今すぐ作ることができる。

先延ばしにしてはいけない。

今すぐ作ってしまおう。

気に入らなければ、あとからいつでも変えることができる。

『自分を変える89の方法』ディスカヴァー