和子ちゃんは、4Bの鉛筆が短くなるまで使っている。

banner02
鉛筆 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

和子ちゃんは、4Bの鉛筆が短くなるまで使っている。

他の鉛筆は長い。

先生が和子ちゃんの筆箱を見て言った。

「長い鉛筆を使えばいいじゃない」

それでもその子は、「私はこのほうが楽なの」と言って、他の鉛筆を使おうとしない。

最後にその子は、「長いのは使いたくない、この短いのは先生にもらったの」とポロッと言った。

自分のやさしさを先生に売り込む気なら、初めから、「これね、先生にもらったの」と言うはずである。

ここにその子の、表現しない心のやさしさがある。

その子が売り込みをしないで、先生もその子に関心がないなら、そのやさしさに気がつかない。

言葉はあっさり、表現はあっさりしているけど、心に秘めたやさしさがある。

それは、両方が関心を持たないと、見えないやさしさかもしれない。

その子は、自分の中で納得している。

それでいいと思っている。

そういうやさしさもある。

こういうやさしさは、近所で「礼儀正しい子」と評判にはならないだろう。

_______

やさしい人
加藤諦三 著
PHP研究所より