無から始めよう

banner02
無 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

長い人生の中には、無から始めたほうがいい場合が何度かあります。

たとえば、サラリーマンの人ならば、左遷されることもあるでしょう。

左遷されて喜ぶ人間はいません。

思い悩むのが普通です。

そんなときは、無から始めて、「今日、この会社に入ったんだ」と思えばいいのです。

でも、そう思っても、実際は知識もあるし、経験もある。

「今日、この会社に入ったんだ」という気持ちで、その知識と経験を活用すれば、その問題は何とか乗り越えていけるものです。

また、会社にいると、会社の方針が急に変わることもあります。

そんなとき、ほとんどの人は、

「この前言っていたことと違うじゃないか」

と思い悩むでしょう。

でも、そんなことに悩んだり、不満を言う時間はないのです。

自分は今日からこの会社に入ったんだと思って、さっさとスタート位置について走り出せば、何のことはありません。

昔のことを引きずって、アーダ、コーダと言っても、過ぎた時間は戻ってくることはありません。

思い切って、無から始めてごらんなさい。

『変な人が書いた成功法則』講談社+α文庫