「縁」についてもっとも大切な原則

banner02
縁 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

「縁」についてもっとも大切な原則を紹介しましょう。

「縁」は、動いて作っていくものです。

まずすべきことは、「縁」を築ける場所に足を運ぶことです。

ただし、「縁」は築ければ何でもいいというわけではありません。

不要な縁を一生懸命築いたところで、それは時間の無駄遣いです。

自分の「目的」へとあなたを引っ張っていってくれる「縁」を、築いていかなければなりません。

では、こうした「良い縁」をどうやって築いていけばいいのでしょうか?

それは、あなたの目指す「方向」にかかわる人が、多く集まる場所に行けばいいのです。

人は基本的に、「自分の方向性」と合致したところに集まってきます。

例えば、健康に関心の強い人は、有機栽培の野菜や無添加の食材などを扱うスーパーに集まります。

大もうけをしたいと思う人は、お金の匂いがする場所に集まります。

芸術家は、アート色の強いスペースに集まります。

皆さんは、今まではどんな場所に対してでも、何げなく足を踏み入れてきたかもしれませんが、それぞれの場所にはそれぞれが発する「氣」があり、それに引き寄せられた人たちが集まってきているのです。

したがって、これからはどこかに足を踏み入れる場合には、その場所のもつ「氣」を理解する必要があります。

『この場所は、いったいどのような「氣」を発し、どういう人たちを引き寄せているのか』

ということがあらかじめイメージできていると、その場所にどのような人たちが集まるのかがわかってきます。

それが、あなたの目指す「方向」と合致していれば、その場所に出向くことで、会いたい人たちとの「縁」を築いていける可能性が高くなっていきます。

そのとき注意したいのが、単なる参加者になってはいけない、ということです。

「袖触れ合うも多生の縁」という言葉がありますが、「縁」そのものは、あくまでも人生の一点で接点をもてたということだけのことです。

「一生お金に困らない人」になるには、「一時的な幸運」をつかむだけでなく、それを持続させることが大切です。

「良い縁」も、一旦、それに出会えたのならば、継続させていかなければなりません。

したがって、良い縁を築いていこうと思ったら、ただ一時的に足を踏み入れるだけではなく、その場所に住むことです。

そこまで深くかかわってこそ、縁を築いていくことができます。

ただし、場所によっては、地価が高くて、家を買うにしても借りるにしても、難しいということもあります。

そのときは、その場所にオフィスのある会社で働くという方法もあります。

自分が目指す方向性に合致した場所で暮らしたり、仕事をしたりすることが重要なのです。

そこで暮らしていくことで、「良い縁」にめぐり合え、また、自分自身もそうした氣を発する人間へと変わっていけるのです。

『一生お金に困らない運の習慣』中径出版