中谷彰宏「自分は何が好きかわからない」と言う人

banner02
悩む いいため話
画像:http://gahag.net/

「自分は何が好きかわからない」と言う人がいます。

何が好きかわからないなら、選ばないでやればいいのです。

運のない人は、さんざん選んでいます。

「これはここがダメ」「これはあそこがダメ」と、不具合の部分を見つけたりケチをつけて出会えなくなっているのです。

仕事でも「好きな仕事をやりなさい」というムードが世の中に漂っています。

「好きな仕事をやりたい」ではありません。

「なんでもいいから働きたい」というのが、仕事をしたいということです。

「なんでもいいから」とやっているうちにその仕事が面白くなり、自分なりの工夫を加えて、「最初は頼まれたからやっていたけど、面白いな。この仕事合うわ」という気持ちになるのが、天職を見つけるということです。

そういう人に仕事の依頼が殺到します。

仕事をえり好みする時点で、その人は、本当は出会えたはずのものと出会えなくなっているのです。

前の期待値が上がりすぎていると、面白くないことがあります。

これは、合コンでも、ビデオでも仕事でも同じです。

前の期待値がそもそもゼロなら、「ついでに借りたモノのわりには面白いね」ということが起こります。

面白いか面白くないかは、期待値との相対的な落差によるものです。

仕事は、

1.面白いと思ったのにめんどくさいことになった。

2.めんどくさいと思ったのに途中から面白くなった。

の2通りしかありません。

運のない人は、面白い仕事を探しているので、結局は下がるだけです。

面白いだろうと思った仕事が結果的に面白くなっても、盛り上がりはあまりありません。

一方で、面白くないだろうと思った仕事が面白くなくても、それほど不満を感じません。

どんな仕事も断らずに選ばないでやっていくことが、運のある人になる最大のポイントです。

たとえば、「今度ごはんを食べに行こう」と誘われても、「どこへですか」「そこはどんなところですか」と確認をしないことです。

行くなら「行く」、行かないなら「行かない」と即答します。

事前に内容を聞けば聞くほど、その人の運はなくなるのです。

『運のある人、運のない人』ぱる出版