偶然と幸せの法則

banner02
笑う いいため話
画像:http://gahag.net/

馬に乗る人がいれば、その馬を引く人がいて、

荷物を背負って従う人がいる…

三者そろって旅人の「ご一行様」が成立するのです。

それぞれが自分に与えられた役割を全うすることで、

世間は成り立っているのですから、

損得ではとうてい考えられない役割もあるのです。

なかには大勢の人が嫌う役割もありますが、

その役割を拒まずに、黙々と仕える人がいることに、

神の計らいの見事さが感じられる。

そういう職業にこそ、畏怖と尊敬の念を持って感謝する必要があります。

あなたにはあなたに与えられた役割があります。

その役割を全うすることが、

あなたの幸せを保証することになるでしょう。

~~~

出典

[偶然と幸せの法則]

安部 芳明 著

かんき出版より