【成功哲学】斎藤一人さん「変な人の書いたツイてる話」より

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

ツイてる人間は、怖い顔をして

「頑張ります」

とは言いません。

ライバルとは敵です。

敵を作ってはいけません。

敵を作ることより、まず友達を作ることです。

競争するより、協力したほうがいいんです。

ツイてない奴がいくら集まったって、どうしようもありません。

ツイてる人間になることは別に難しいことではありません。

「ツイてる、ツイてる」

と言えばいいのです。

よそでは、「三位一体、心と体と言葉がともなわないといけない」

とか言われますが、「ツイてる」のひと言だけ、簡単です。

でも、言っているんだから、もうすでに心はともなっているはずなんです。

心がともなっているから言っているのに、

「心がともなわない」

と言われると、何か別のことをやらなければならないのかとカン違いしてしまう。

「ツイてる」

と言っている人間に、

「形から入れ」

と言われても、ツイてる形なんて、誰が想像できますか?

そんな難しいことはいりません。

ただ、「ツイてる」と言っていればいいのです。

思っているだけではいけません。

「この会社に入れてツイてます」

「日本に生まれてツイてます」

それから、

「あなたがこの会社にいてくれて、ツイてるよ」

と言われるような人間にならなければなりません。

何かにつけて、ツイてないとしか思えない人間には、そういうことはできません。

世の中いろんなことがあるけれど、それもツイてることです。

「ツイてる、ツイてる」

って言いましょう。

引用:斎藤一人 著
『変な人の書いたツイてる話』総合法令