あれは運が悪かったからだ、私はああはならない

banner02
強運 いいため話
画像:http://gahag.net/

「あれは運が悪かったからだ、私はああはならない」

と考えるタイプがいる。

これではどんな失敗からも知識化、教訓化できないから、

同じような失敗を繰り返すことになる。

人間は見たいところだけを見る。

自分がそうなると怖いから、最悪のシナリオは考えない。

そういう人は、自分が前方不注意で車をぶつけても、

出会い頭の不運な事故だったと自分に言いきかせる。

駐車違反やスピード違反で捕まっても、

罰金制度をののしり、身の不運を嘆く。

弁解、言い訳、責任転嫁をいくらしたところで問題は解決しない。

問題を解決するには、

真っ向からこれに取り組むことから始めるべきである。

自分に非はなかったか?

自分自身が当事者になって分析することなしに、

問題点の把握、対策、改善、改良、革新はあり得ないのである。

~~~

出典

[失敗の予防学]

中尾 政之 著
三笠書房より