史上最年少の受賞となったパキスタン人のマララ・ユスフザイさん(17)のスピーチ

banner02
画像:http://up.gc-img.net/

親愛なる兄弟姉妹のみなさん。

いわゆる大人の世界であれば理解されているのかもしれませんが、私たち子供にはわかりません。

なぜ「強い」といわれる国々は、戦争を生み出す力がとてもあるのに、平和をもたらすことにかけては弱いのでしょうか。

なぜ、銃を与えることはとても簡単なのに、本を与えることはとても難しいのでしょうか。

なぜ戦車をつくることはとても簡単で、学校を建てることはとても難しいのでしょうか。

現代に暮らす中で、私たちはみな、不可能なことはないと信じています。

45年前に人類は月に到達し、おそらく火星にもまもなく降り立つでしょう。

それならば、この21世紀には、全ての子供たちに質の高い教育を与えられなければなりません。

親愛なる姉妹兄弟のみなさん、私たちは動くべきです。

待っていてはいけない。

動くべきなんです。

政治家や世界の指導者だけでなく、私たち全ての人が、貢献しなくてはなりません。

私も、あなたたちも、私たちも。

それが私たちの務めなのです。

みなさん、これで終わりにしようと決めた最初の世代になりましょう。

誰もいない教室も、失われた子供時代も、無駄にされた可能性も。

男の子や女の子が子供時代を工場で過ごすのも、もうこれで終わりにしましょう。

女の子が幼いうちに強制的に結婚させられることも、戦争で子供の命が失われることも、子供が学校に通えないことも、これで終わりにしましょう。

私たちで終わらせましょう。

この「終わり」を始めましょう。今、ここから、ともに「終わり」を始めましょう。

ありがとうございました。