突然の病で急死した子供のために

banner02
読書 いいため話
画像:http://gahag.net/

釈尊在世中、キサーゴータミーといわれる麗しい女性がいた。

結婚して玉のような男の子を産んだ。

命より大切に育てていたその子が、突然の病で急死した。

彼女は狂わんばかりに愛児の亡骸を抱きしめ、この子を生き返らせる人はないかと村中を尋ね回った。

今の彼女に何を言っても無駄だと思う人たちは、“舎衛城にまします釈尊に聞かれるがよい”と教える。

早速、キサーゴータミーは釈尊を訪ね、泣く泣く事情を訴え、子どもの生き返る法を求めた。

憐れむべきこの母親に釈尊は、優しくこう言われている。

「あなたの気持ちはよく分かる。

愛おしい子を生き返らせたいなら、私の言うとおりにしなさい。

これから町に行って、今まで死人の出たことのない家から、

ケシの実をひとつかみ貰ってくるのです。

すぐにも子どもを生き返らせてあげよう。」

それを聞くなりキサーゴータミーは、町に向かって一心に走った。

どの家を訪ねても、“昨年、父が死んだ”“夫が今年、亡くなった”“先日、子どもに死別した”という家ばかり。

ケシの実はどの家でも持っていたが、死人を出さない家はどこにもなかった。

しかし彼女は、なおも死人の出ない家を求めて駆けずり回る。

やがて日も暮れ、夕闇が町を包む頃、もはや歩く力も尽き果てた彼女は、トボトボと釈尊の元へと戻っていた。

「ゴータミーよ、ケシの実は得られたか」

「世尊、死人のない家は何処にもありませんでした。

私の子どもも死んだことがようやく知らされました。」

「そうだよ、キサーゴータミー。人はみな死ぬのだ。

明らかなことだが、分からない愚か者なのだよ。」

「本当に馬鹿でした。こうまでしてくださらないと、分からない私でございました。

こんな愚かな私でも、救われる道を聞かせてください。」

彼女は深く懺悔し、仏法に帰依したという。

~~~

出典

[光に向かって123のこころのタネ]

高森 顕徹 著

1万年堂出版より