話し上手は、聞き上手。

浴衣 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

話し上手は、聞き上手。

人と親しくなってより深い話をしたいと考えるなら、自らの話術を磨く前に、まず聞き上手になることです。

聞き上手といっても、話の内容をよく理解できる、といった意味ではもちろんありません。

話し手が気持ちよく話ができるようになるための気遣いができる人、ということです。

聞き上手になるための基本は、感心した表情とともに「なるほど」と相づちを打つことです。

どんな人も自分の話を真剣に聞いてもらえるというのはうれしいもの。

話に熱心に耳を傾けていることが具体的な態度で伝われば、気持ちよく話を続けてくれるでしょう。

「そういうことですか、さすがですね」と感心したりすると相手の満足度は格段にアップ。

話の要所要所で相手の目を見て、うなずくことも「自分の話を本当に熱心にきいてくれる」という印象を与えます。

話しているうちに相手はあなたに好感を抱き、「もっとこの人にとって有意義な話をしたい」とモチベーションも上がってくるはず。

その心地よい感覚は記憶にも残るので、相手はまた会って話したいと思うようになるのです。

逆に敬遠されてしまうのが、「でも」などの否定的な言葉です。

会話中に「でも」で話の腰を折られると、相手もいい思いはしません。

誰かと親しくなりたいときは、脳内に「?」が浮かんでも「でも」はぐっと我慢です。

_______

「ヤバい心理学」

神岡真司 監修

日本文芸社より