中谷彰宏「リーダーになる人の条件」

banner02
リーダー いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

リーダーになるのは、1人です。

でも、「リーダー意識」は、全員が持つことができます。

リーダー意識を持つと、仕事はがぜん、面白くなります。

リーダーでなくても、リーダー意識のある人は、仕事を楽しめます。

リーダーであっても、リーダー意識のない人は、仕事が面白くなくなります。

リーダー意識というのは、他人のせいにできないことです。

たとえば、店長はリーダーです。

店長が、何か問題があると「社長が古いので」と、人のせいにする。

この店長は、この時点で、リーダー意識を放棄(ほうき)してしまっています。

リーダー意識は伝染(でんせん)します。

リーダー意識がないことも、伝染します。

店長にリーダー意識がなくなると、現場のスタッフも「店長さんが言っているから」と言って逃げるようになります。

新入社員も「上の人がみんな言っているから」と言うようになります。

新入社員であっても、アルバイトを引き連れていくリーダーにならなければいけないのです。

誰かのせいにしているうちは、リーダー意識があるとは言えません。

誰かのせいにすると、一見、楽なようですが、同時に、楽しさがなくなります。

誰かのせいにしないで、結果を自分で引き受ける時、仕事は楽しくなります。

誰かに責任転嫁した時点で、その人はリーダー失格です。

そういう会社は当然つぶれます。

細かい問題以前に、「自分はリーダーだ。最終責任者だ。すべての問題は自分が引き受ける。ここがデッドエンドだ。オレがここで踏ん張る」となると、仕事は面白くなるのです。

『仕事は、最高に楽しい。』第三文明社