大山くまお「みなさんは夢ってありますか?」

夢がある いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

みなさんは「夢」ってありますか?

「夢を持つことは大切だ」と言う人が大勢います。

「信じて努力すれば、いつか夢は叶う」と言う人もいます。

プロ野球の選手になりたい、お花屋さんになりたい、マンガ家になりたい、歌手になりたい…。

子どもの頃は夢がたくさんありました。

では、大人になった今はどうでしょう?

まだ子どもの頃の夢を追いかけてますか?

夢なんて見ていられませんか?

そんな自分にがっかりしていませんか?

それにしても、そもそも夢って大切なんでしょうかね?

夢なんか不要だと唱える急先鋒が、タモリさんです。

冒頭の言葉は、自身が出演した番組でのものです。

タモリさんはほかにも、夢について、

「夢や目標がないと生きていけないようじゃ人間終わり」

「夢があるから絶望があるわけですから」

などと語っています。

夢を持ち、夢は叶うものだと思って必死に努力する。

でも、実際はほとんどの夢が叶わずに終わります。

でも、やみくもに「夢は大切だ」「夢は叶う」と思い込んでいると、挫折したときには絶望しか残されません。

タモリさんは「なるようにしかならない」「なんとか生き延びるっていうことが最優先」とも語っています。

夢に執着せず、現状を肯定するのがタモリさんの生き方です。

「夢をもて、目的をもて、やれば出来る

こんな言葉に騙されるな、何も無くていいんだ

人は生まれて、生きて、死ぬ

これだけでたいしたもんだ」(ビートたけし)

もう一人のお笑の雄、ビートたけしさんの言葉を。

著書『僕は馬鹿になった』に収められている「騙されるな」という詩の一説です。

たけしさんの言葉は、驚くほどタモリさんの言葉と通じ合っています。

毎日必死に働いたり、食事をしたり、風呂に入ったり、洗濯したり、掃除したり、子どもの面倒を見たりして、くたびれて寝る。

次の朝には、また会社に出かけたり、子どもを送り出したりする。

それだけでも十分「たいしたもの」なのです。

立派な夢を持っているから、夢を叶えたから偉いというわけではありません。

『「がんばれ!」でがんばれない人のための“意外”な名言集』ワニブックス