斎藤一人「つい、どちらが正しいか考えてしまう人」へ

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

私たちは魂を成長させるために生まれてきました。

“魂を成長させる”っていういのは、「隣人を愛しなさい」っていうことなの。

それはどういうことかというと、人はそれぞれ違う考え方を持っています。

その違う考えを受け入れてあげるんです。

ところがつい人間は、自分の考え方や意見が違うと相手を変えようとします。

それが間違いなんだよね。

この地球という星は、考え方が違う人どうしでも生きられる星なんです。

「どちらが正しいか」って言い出すと苦しくなる。

争いごとも起きるよね。

それよりも、「どちらが楽しいか」なんです。

回教徒は「キリスト教も楽しいかもしれないけど、回教も楽しいよ」って言えばいいんです。

それを「こちらが正しい」って言い出すと、相手が間違っていることになるから、ケンカになるんです。

人はそれぞれに学ぶものが違います。

みんな等しく、学ぶものが違うんです。

引用:斎藤一人 著
『地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。』サンマーク出版

小林正観さんに、引きこもりの子供さんの話がある。

ある女性の息子さんが引きこもりになって困っていた。

それで、夫も子どもも暗くなり、家中が暗くなってしまったという。

正観さんは、夫や子どもに関係なく、自分が明るくなればいい、というアドバイスをした。

アドバイス通り、夫も子どもは不機嫌なままでいい、自分は昔好きだった社交ダンススクールに通う、と決断した。

すると、毎日が楽しくなり、家事も鼻歌交じりにやるようになり、結局息子さんは2年ぶりに自分の部屋から出てきたという。

そして、自分も「社交ダンスをやりたい」と言って、ダンススクールに一緒に通いはじめ、ダンススクールで人気者になったそうだ。

引用:楽しい子育て孫育て・学研