人に勝つ者は力有り。自らに勝つ者は強し

banner02
己に勝つ いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

「人に勝つ者は力有り。自らに勝つ者は強し」

と『老子』(第33章)はいう。

他人と争ってこれを打ち負かす者は力があるといえるが、本当の強者ではない。

私欲私情を克服できる者、すなわち私心に打ち勝つことができる者こそ、真の強者である、ということである。

王陽明もまた、同じようなことをいっている。

「山中の賊を破るのは易しく、心中の賊を破るのは難し」

克己(こっき)は古来、聖賢が目指した道である。

思えば、天は人間にだけ克己という心を発達させた。

その心があることによって、人間の進歩向上はある。

そのことを我々は肝に銘じたいものである。

最後に、新井正明氏(住友生命保険元名誉会長)の言葉を紹介する。

「暗いところばかり見つめている人間は、

暗い運命を招き寄せることになるし、

いつも明るく明るくと考えている人間は

おそらく運命からも愛され、

明るく幸せな人生を送ることができるだろう」

「自らに勝つ」ことに腐心してきた人の尊い言葉である。

『プロの条件』致知出版社