デール・カーネギー『人を動かす』でも伝えるバナナ1本で生まれるコミュニケーション

banner02
画像:http://hitter.up.n.seesaa.net/

誰でも、自分で何かを決めるときは、不安です。

「本当にこれでいいのだろうか。もしかしたら、間違っているのではないか?」

そうやって心をゆらゆらとさせて、常に不安な気持ちでいるのです。

デール・カーネギーは自著『人を動かす』の中で、

「あなたが明日会う人々の4分の3は『自分と同じ意見の者はないか』と必死になって探している。この望みをかなえてやるのが、人に好かれる秘訣である」

と言っています。

多くの人々は、自分の意見、考えに共感して欲しいと思っています。

「私もあなたの意見に賛成だわ」

「あなたの思うようにしたら。私はあなたの判断は間違っていないと思う」

こんな一言が、大きな自信になるのです。

人は共感してもらうと、大変にうれしいものなのです。

ここに1本のバナナがあるとしましょう。

相手が食べておいしいと感じ、自分も食べておいしいと感じられれば、これは同感になります。

これに対し、相手がバナナを食べておいしいと感じているとき、自分は食べていないけれど、相手の動作、表情、言葉を感じとって理解してあげるのが共感です。

相手を見て、自分が体験していなくても相手のことを理解し、支持することができるのが共感なのです。

たとえば、子どもがいない人でも、子どもがいる人の悩みを聞き、理解しようと務めることで、共感することができます。

病気をしたことがなくても、病人の苦しみを理解することができるのです。

これと同じように、他人の意見や考え方に対して共感していくと、相手を喜ばせることができます。

引用:植西聰 著
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』王様文庫