ナンバー・ワンとオンリー・ワン

考え方 いいため話
画像:http://gahag.net/

ナンバー・ワンになるには、ナンバー・ツーが必要だ。

自分がナンバー・ワンになるには、

競争相手を負かさねばならない。

また、ナンバー・ワンになってからは、
ナンバー・ワンを維持するために、

追い越されないようにいつも気を遣っていなければならない。

一方、自分にしかない能力や個性を伸ばし、

1つのことの達人になることに専念するという生き方がある。

それが、オンリー・ワンになる生き方である。

オンリー・ワン(何かの達人)は
ひとりだけとは限らない。

何人もいるかもしれない。

あるいは自分一人だけであるかもしれない。

それが結果的にナンバー・ワンに
なっているということもある。

結果的にナンバー・ワンになるかどうかはともかく、

大事なのは自分にとって満足のゆく人生を送ることではないか。

そうすれば、オンリー・ワンになるための過程において充実した日々を過ごし、

また、つねに輝いて生きることができるのではないか。

引用:人生をもっと楽しんで生きられる心理学
近藤 裕 著
三笠書房