全ての人や物事には意味があり、役に立っている

人生 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

世の中の役に立つということが、

非常にあやふやなことなんです。

ここに幅が50センチの橋があるとします。

橋の長さは100メートル。手すりはありません。

そして、20メートル下を川が流れています。

ということは、その橋は20メートルの高さのところにあるわけです。

あなたは、この橋を渡れますか?

この板きれの上を100メートル歩けますか?

けれども、よく考えてください。

人間は、幅50センチもあれば、その上を歩けるのです。

しかし、わたしたちは、幅50センチの道路で、

左右は深い谷になっていれば、絶対に歩けません。

こわくて、足がふるえるに決まっています。

したがって、道路の幅は2~3メートルが必要なのです。

その意味では役に立っていないようですが、

それがなければ歩けないのですから、

大いに役に立っているのです。

引用:自分の中の大事なもの
ひろ さちや 著
毎日新聞社