上原春男「入り口ではなく出口から発想」

いいため話 コピー
画像:http://gahag.net

「入り口ではなく出口から発想」

「前からではなく後ろから物事をみる発想」

とてもいいましょうか。

あふれるもの、漏れるもの、捨てるもの、出て行くもの、失われるもの、

そうしたものに着目することから、いい発明が生まれるのです。

いかに加えるかではなく、いかに抜くか…

換言すれば、「足りない」のではなく、

「よけいなものが多くないか」と考えること。

それが抜く技術の要諦です。

繰り返しになりますが、そうした着想から、

いろいろな発見が生まれてきます。

〜〜〜

出典

[「抜く」技術]

上原春男 著

サンマーク出版より