篠原佳年「ケタ違いの努力の方法」

いいため話 スポーツ
画像:http://gahag.net/

[快癒力]という本の著者、

篠原佳年さんに会ったとき、1つ興味深い話を伺った。

篠原さんは何かを習得しようとするとき

「人の10倍はやってみる」ことをモットーとしている、というのである。

2倍、3倍の努力では結果は知れている。

だが、ケタの違う努力をすれば、才能のあるなしなんかに関係なく、

何かが確実に得られるというのだ。

私たちは何かを始めようとしても、

すぐに「もう遅い」とか「才能がない」といった言い方をする。

実際、やってみてもなかなか進歩しない。

それであきらめてしまうことが多いわけだが、ここに1つ、

「ケタ違いの努力」

という妙法があったのだ。

この方法のポイントは「何も考えない」ことにある。

「できるか?」といった疑問を一切さしはさまない。

ひたすら最低、人の10倍の努力をするのだ。

なまじ先の見通しを持つと、疑念や雑念、無力感、怠け心が、

生まれてきて、やる気がうせる。

この落とし穴に落ちていることが多いのではないか。

何かでプロの域に達した人間は、

人の10倍くらいの努力は朝飯前にしているものなのだ。

あなたは「これだけは人の10倍は間違いなくやった」

といえるものがどれだけあるだろうか。

そういえるものは、きっと

「モノになっている」はずである。

〜〜〜

出典

[人生、だから面白い]

川北 義則 著

PHP研究所より