【死を意識する】アンドリュー・カーネギーが墓碑に刻んだ言葉がカッコイイ!!

banner02
出典:http://wordsforest.com/

“最強の伝説を作れ!”お墓に言葉を残す、墓碑銘。

フランスの作家、スタンダールは自分の墓に刻む言葉をこう指示しました。

「生きた、書いた、恋した」

アンドリュー・カーネギーは、

「己よりはるかに賢き者達を率いた男、ここに眠る。」と記しています。

人間には、たったひとつだけ例外のないルールがあります。

それは、いつか必ず、人生最後の日がやって来る、というルールです。

それは明日かもしれない。

5年後かもしれない。

それはわかりませんが、必ず、今日がファイナルという日がやって来ます。

そのときに笑って死ねるか?

そのときに後悔はないのか?

勝負はそこです!

あなたはお墓にどんな言葉を刻みたいですか?

どんなふうに語り継がれたいですか?

どんな伝説を残したいですか?

そのために、今日、何をしますか?

自分が死ぬときから、いまの自分を眺めてみればいいのです。

ちなみに、こんな墓碑銘も実際にアメリカにあります。

「隣の墓の人、実は生きているって知ってた?」

僕の墓碑銘もすでにきめています。

あなたが大好きです!

来世こそ僕と付き合って下さい。

引用:ひすいこたろう著
『心にズドン!と響く「運命」の言葉より』