【葉隠】に学ぶ!ピンチに陥った時の対処法

banner02
出典:http://blogs.c.yimg.jp/

ピンチは、その人の本質を浮かび上がらせます。

人間として未熟であり、まだまだ練られていない人は、どれだけ取り繕ってみても馬脚を現してしまうのです。

「剛勇か臆病かは、平時にあっては知る事はできない。まったく別物である」(聞書2−75)

そう葉隠れは指摘していますが、奉公は口先でできるものではありません。

誠の心をもって、主君のために全力で働く。

それこそが本来の奉公。

ちょっとしたことで気持ちがゆらいでしまうなら、口だけに過ぎなかったということです。

人は逆境にあるとき、自分に押し寄せる荒波に押されて、気も弱くなってしまいがちです。

しかし、忘れていけないのは、そんな時であるからこそ、見る人は見ているということです。

葉隠にはこうあります。

「成富兵庫など七度浪人したということである。

起き上がり人形のように思わなければならない。

主人も試すつもりで浪人を言いつけることがあるだろう」

成富兵庫とは佐賀鍋島藩の家老であり、加藤清正が一万石で召し抱えようとしたほどの人材です。

その成富兵庫にして、七度浪人した。

というよりも、浪人したからこそ、それだけの力を身につけたということなのかもしれません。

人事には当然ながら意図があります。

成長する部署につくものがあれば、反対に立て直しを図るための人事もあります。

本人にとっては、不本意に思えることもあるかもしれません。

しかし、そんな時だからこそ、見る人は見ています。

「やはり、そこまでの人材だったか」

「なかなかやる。見直した」

どちらの感想を持たれるかは、その人の心がけ次第です。

調子のいい時は、誰でも頑張ることはできるのです。

逆境のときであるからこそ、笑顔で頑張る。

その姿が人の心を動かすのです。

引用:『「葉隠」に学ぶ誇り高い生き方』成美堂出版