斎藤一人さんの「本当は言えない世の中のしくみ」

banner02
出典:http://free-photos.gatag.net/

この世の中は、競争なんです。

よく「競争のない社会がいい」って言うけど、そうじゃないの。

それも、しくみの一つ。

学校に行けば学校の中で競争があるし、会社に行けば社員同士の中で競争がある。

さらには同じ業界内、国と国とも競争しあっているんです。

それで、この競争も人生の修行なの。

どんな修行かというと、競争し、戦い、ときには負けることがあっても、それでも人を憎まない、めげない、ひがまない、さらにはそんな中でも人を助けることができますっていう、修行なんですね。

この世において、戦争に勝つことは、もちろん価値のあることなんだけど、神が問うてるのはその勝ち方なんです。

つまり、同じ勝つのでも、“愛と光をだしてますか?”ってことなの。

愛とは、やさしさや思いやりなんです。

自分の仕事をさっさと終わらせて、まだの人がいたらその人を手伝うの。

それとか、自分がうまくいったやり方があったら教えてあげるの。

(中略)

“競争がない社会”が理想のように言う人がいるんだけど、決してそうじゃないの。

それに、神様もそれを望んでいないの。

それよりも、競争という大変な中でもあなたが人にやさしくできるか、明るくいられるかというところを神様は試しているのです。

引用:変な人の書いた世の中のしくみ
斎藤一人 著
サンマーク出版より