【学び】古代ギリシャにあった2種類の「時間」を表す言葉とは?

banner02
出典:http://tk.ismcdn.jp

古代ギリシャには、時間を表す言葉が2種類あった。

「クロノス」と「カイロス」だ。

クロノスは白髪の老人の姿で表され、時計の針の動きそのままの時間を意味している。

私たちが普段使っている時間だと思ってもらえばいい。

一方、カイロスはちょっと違った性質の時間を意味している。

言葉で説明するのは難しいが、「今だ」と感じるタイミングのようなものを指す。

クロノスが量の問題であるのに対し、カイロスは質の問題だ。

カイロスを感じることができるのは、今この瞬間を生きているときだけである。

考えてみると意外だが、そもそも私たちには「今」しかない。

未来や過去は想像のなかにあるだけで、けっして触れられない。

私たちの行動が何らかの力を持つのは、今ここにおいてだけなのだ。

引用:エッセンシャル思考
グレッグ・マキューン 著
高橋璃子 訳
かんき出版より