【実話】松坂大輔投手の甲子園のエピソード「奇跡の一言」

banner02
出典:http://気になるらぼ.biz

松坂大輔投手の甲子園のエピソード。

準々決勝で、松坂投手は、PL学院と対戦。

松坂投手、PL学院を相手に、延長17回を投げぬいて、劇的な勝利。

次の日の準決勝。

監督は、これからの松坂投手の野球生命を考え、松坂投手を温存。

松坂投手温存の中、8回まで、6対0で、リードされていた。

あと、2回。

監督は、みんなで円陣を組み、選手たちに、ある一言を言った。

その一言を聞いた選手たちは、力をフルに発揮し、打ちまくり、なんと、6対7で、大逆転。

サヨナラで劇的な勝利をした。

そして、決勝でも勝利し、甲子園日本一に。

監督が選手の力を引き出した奇跡の一言。

なんだと思いますか?

奇跡を起こした一言。

選手の力を最大限に引き出した一言。

それは、

『たかが野球だ。今日の試合、勝っても負けてもどちらでもいい。

あと2回、おもいっきり楽しんでこい。おもいっきり遊んでこい。』

人間は、リラックスしたとに、力を発揮する。

人間は、おもいっきり遊んで、楽しんで、リラックスすると、力を発揮する。

また、お風呂の中で暗記ものの学習をすると、20%記憶力がアップするそうです。

なぜか。 血流がよくなるから。

血流がよくなると、瞬時に能力が20%アップするそうです。

最高に血流をよくする方法。

それが、遊ぶこと。

人間は、おもいっきり遊んで、楽しんで、リラックスすると、力を発揮する。

ひすいこたろうさんの講演会より