宮永博史「幸運と不運には法則がある」

夏目漱石の弟子で物理学者であった寺田寅彦は随筆の名手としても知られています。 また「天災は忘れた頃にやってくる」という有名な言葉も残しました。 その寺田寅彦に『科学者とあたま』という随筆があります。 一般的にいわれる「科学者は頭がよくなくて […]

來夢「運」の正体

ピンチは常にチャンスであるととらえる気持ち、その気に運が働きます。 運の作用は、事実への観点、見方次第で味方にも敵にもなります。 運とはまさに「禍(か)を転じて福と為す」ということなのです。 世間や時代の流れの中で、ときとしてチャンスに恵ま […]

月行大道「なぜ、あの人は運が良いのか?」

人は、会社や学校など、社会に出て他人とつきあう際、礼儀正しい「他人行儀」な振る舞いをします。 電車で席を譲ってもらえば、「ありがとうございます」と言い、肩がぶつかれば「すみません」と謝ります。 秀真(ほつま)ことば学では、親や子ども、兄弟、 […]

運の教科書「ある学生の運を上げた話」

大学の私のゼミにちょっと弱点のある学生がいました。 何かというとすぐ気分をくずしてしまうので、精神的にもっと安定させたほうがいいと思って、最初はいろいろ注意をしていました。 それでもあまり改善がみられなかったので、途中からほめることに方針を […]

開運の作法「運が良くなる秘訣」

ある日、ふと気づいたのです。 運が良くなる秘訣というものが“ある!”と。 しかも、それは「特別な秘策」などではなく、むしろ何気ない毎日の行い、「作法」とその人を取り巻くエネルギーによって決まってしまう、ということがわかってきたのです。 運の […]

デール・カーネギー「H・Gウエルズが名作を作った理由」

ロンドン郊外で、バーティ・ウエルズという小さな男の子を年上の子供が抱き上げて放り上げたが、落ちてくるのを受け損なって、バーティは片足を折ってしまった。 何ヶ月というもの、バーティは足に重しをつけられてベッドで苦しんだが、結局うまく接合しない […]

斎藤一人「あっ!と驚くしあわせのコツ」

慣れないうちは 嫌なことがあっても 「よかったね」 なんて言えないかもしれない。 でも、ここが気合いを 入れるべきところです。 昨日の自分は何か問題が起こると 「嫌だな、もう・・・」 と言っていた。 でも、今日の自分は 「今、自分の目の前に […]

ソニー・ボノ「運をつかむ人 16の習慣」

ソニー・ボノは可能な限り「変化」と「機会」に触れる努力をした人の好例だ。 60年代に、当時は無名だったシェール(歌手であり女優。アカデミー主演賞受賞)とデュエットを組み、歌手として成功したとき、彼の歌がうまいと言った人も、パフォーマンスがか […]

プロの棋士から学ぶ【運】の磨き方

見えない力といえば、運というのも勝負と深く関わっていると思いますね。 私は、一人ひとりが持っている運の量っていうのは平等だと思うんです。 そして、運が悪い人というのは、つまらないところで使っているんじゃないかと思うんです。 将棋の棋士を見て […]

やなせたかし氏「この世界で大切な3つの漢字」

この世界は「運・鈍・根」なんです。 ですから「運」がよくなくっちゃいけない。 そしてあんまり器用に、何でも簡単にできるっていうんじゃなく、いくらか「鈍」であって。 それからあと大事なのは、「根」。 つまり、根気よくやらなくっちゃいけない。 […]

1 5 6 7 8