話す方は、いつも同じ聞き方を求めているわけではない

人の言うことに耳を傾ける必要があることはみんな知っている。 でも認識しているからといって、それを実行するとは限らない。 人間は人から言われることの70%は聞いていないという研究結果もある。 いろいろな聞き方があることも問題をむずかしくしてい […]

パブリック・スピーキング

パブリック・スピーキングという言葉は、一般的には「人前で話すこと」、すなわち複数の人の前で自分の考えや意見を話す行為を表します。 そういう意味では、社会人であれば誰もが多かれ少なかれ必要とするスキル。 ここで私がお伝えしたいのは、「パブリッ […]

1分で話せ

プレゼンというと、資料を作って、人前で何かを話す、その局面だけを切り取って語られることが多いです。 でも、そうやって人前で何かを伝えるのは手段です。 ゴールは、何かしらの形で「相手を動かす」ことです。 いくらきれいに資料が作れたとしても、い […]

それには「愛」があるか?

自分が現在やっていることや、話している言葉に「愛」があるかどうかと考えてみるといいよね。 わがままで、嫌われてしまうのは、やっていることや使っている言葉に「愛」がないからなんだよ。 あなたの言動に愛があるか、ないかの違いなの。 わかるかな? […]

愛と癒しのコミュニオン

しっかりと認識しなければならないのは、 「人は、心にゆとりがないと聞くことはできない」 という事実だ。  大事な考え、あなたにとって大切なこと、 特に価値観を伝えようとする時は、 相手が受け入れられる状態かどうかを見極めて、 もし相手が余裕 […]

言うべきか?言わざるべきか?

もしかしたら、相手にとってはツライ言葉かもしれないけれど、あえて言ってあげたほうがその人のためになりそうなとき。 言うべきか? 言わざるべきか? 迷うことってありますよね。 その苦言は、本当に100%、相手のことを考えてのものなのか? それ […]

1分で話してください

「1分で話してください」 会議のとき、私はよく言います。 ダラダラ話は会議をダレさせ、つまらなくする元凶だからです。 無駄に長い話が続くと、出席している人たちの時間泥棒にもなります。 1分=60秒という時間で、自分はどれだけのことを話せるか […]

自分の話なんかどうせ聞き入れてもらえないから

「自分の話なんかどうせ聞き入れてもらえないから…」 「わたしが何を言っても、その通りにならないから」 過剰「話力」期待症などと難しい名前をつけましたが、 こういう人たちは誤解しているのです。 話せば人がすぐ納得して動いてくれる、なんてことは […]

起承転結が必要な雑談力

実は話すというのは、書くよりもはるかに難しい技術です。 書くにはある程度時間をかけられるし、後で直すこともできます。 ですが、喋るのはその場での一発勝負です。 推敲(すいこう)はできません。 筋道のある長い話をする場合、初めから頭の中に構成 […]

もっとも大切な役目は、助言するのではなく◯◯すること

人に頼るだけでなく、時にはほかの人にとって自分が「癒しの源」になることも考えよう。 必要なときにそばにいて話し相手になり、 人から頼られる存在になるということだ。 もっとも大切な役目は、助言するのではなく話の聞き手になること。 助けを求めて […]