森信三語録

【下座の経験】 人間下座の経験なきものは、未だ試験済みの人間とは言うを得ず。唯の三年でも下座の生活に堪え得し人ならば、ほぼ安心して事を委(まか)せうべし。 【生命の振幅】 人は生命の振幅広きがよし。坂上田村麻呂は怒れば鬼神も挫(くじ)き、笑 […]

心に響く言葉や気になる表現があると

私は日ごろから、心に響く言葉や気になる表現があると、メモをしておきます。 そして、それらの言葉を届けたいと思う人を想定して、一筆せんに綴ります。 それはもはや習慣。 書き出した一筆せんのストックが増えるのに比例するように、素早く的確に自分の […]

世界のことわざ

「何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける」(アラビアのことわざ) 言い訳ばかりする人を、たまに見かける。 どの人も、人に嫌われていた。 それはよくわかる。 自分の非を絶対に認めないのだから。 最も多いのは、いつもで […]

思いは言葉になって現れる

思いは言葉になって現れるものなのだ。 まずい状況になったとき、口にこそ出さないが、 心の中では「どうもまずかったかな」などと言っている。 そして「またやってしまった。私はダメだ」 という結論に達しやすい。 しかし、これは人を「不幸にする方程 […]

誕生祝いのほんとうの意味

「誕生日おめでとう」と言われて、「別におめでたくもない」とか「またひとつ年をとっただけでうれしくない」とか、そのように思う方もいるかもしれません。 でも、誕生祝いの本当の意味を知ったら、感じ方が変わってくるのではないでしょうか。 誕生祝いの […]

私たちはついこう言ってしまう

私たちはついこう言ってしまう。 「もっと体力があれば、毎朝ジョギングするんだがなぁ」 それじゃだめ!まず、走り出さないと。 「やる気が出れば宿題をすませるんだけど」 それもまちがい。 「元気があれば、事業を始めたい」 それじゃできるわけない […]

言葉遣いはことのほか大切

人生で、言葉遣いはことのほか大切だ。 使い方一つで人生が180度変わる。 この事実に私たちはどこまで気づいているか。 レディーガガがタイでの公演中に、ツイッターで「偽物のロレックスを買うわ」とつぶやいた。 この発言を一部のタイ人が「わが国を […]

生きる力になる言葉

■あなたの人格を磨き、人間性を豊かにする方法…それは尊敬する人を作ることである。 ■節目で気づくべきは、「いつでもこれからだ」という決意の時である。 間違っても怒りや、憎しみや悲しみのタネをまいてはいけない。 どなたの言葉か記してはいません […]

誰も知らない、萩本欽一

■アイデアは、気づくこと。 それ自体は、才能があるからできることではないよね。 だって、気づいたことが当たりかハズレかは、その時点では五分五分なんだから。 それも、運なんだ。 だから、気づいたことがたまたま当たるように思ってさ。 正月、お盆 […]

斎藤一人「言葉には不思議な力があって」

言葉には不思議な力があって、口にすると、もっと口にしたくなるような現象が起きるんだね。 つまり、「うれしい」って言うと、さらに「うれしい」って言いたくなるようなことが起きるってこと。 これは法則だから、必ず起きるんだよ。 表情もそうなの。 […]

小林正観「愛語の心」

「愛語(あいご)」という言葉は、良寛和尚(りょうかんおしょう)が好んで使っていたと言われています。 良寛和尚の「愛語の心」とは、こういうものだと聞きました。 「自分は貧しいひとりの修行僧なので、人に与えるもの、あげるものが何もない。 だから […]

1 2 3 4 13