辻井伸行「盲目のピアニスト 母の育て方」

世界的に活躍する盲目のピアニスト、辻井伸行さんをご存知でしょう。彼の母親こそ、子どもの才能を伸ばす、すばらしい人です。 子どもが盲目だとわかって絶望しそうになりましたが、小さい頃から生活雑音に敏感で、いやだと思ったら泣きやまないことから、「 […]

父へ母へ。100万回の「ありがとう」

私は父の晩年、56歳の時に生まれた子どもだった。 父の口癖は「残念ながら、僕はきみが20歳になるまで生きてへんと思うで」。 子供の頃はそれが悲しくてよく泣いたリもしたが、いつの間にか「ま、人間いつか死ぬんから、その時はその時やん」と言い返せ […]

自分の子供を信じていると思う…

むかし、孔子のお弟子に曹参(そうさん)という孝行者があった。 ある日のこと、母がはたを織っていると、使いのものがかけこんで、 「もしもし、大変です。曹参が人を殺しました」という。 母はふり向きもせず、「そんなことはありません。きっと人ちがい […]

なんでもしてもらうことが当たり前で当然なんだ

私たち人間の親子というのは、親が子供に対して何かをしてあげるときに、見返りや報酬がなくてもしてあげますね。 それが親子というものですね。 親は、見返りや報酬を一切期待しないで、自分の子供であったら、いくらでもしてあげます。 でも、この子供が […]

親が変われば子は変わる

たとえば、アメリカでは、 子供をスイミングスクールなどに送り出すときには、 「いい時間を過ごしてね。楽しんできてね」 (ハブ・ア・ナイス・タイム、エンジョイ!) と言います。 ところが日本の親は決まって「頑張ってね」です。 そして帰ってきた […]

【感動】親子の実話「ハーモニカの練習」

ところで、この頃(10歳頃)、 僕にとって忘れられない出来事があります。 ある日、友達の家に行ったらハーモニカがあって、 吹いてみたらすごく上手に演奏できたんです。 無理だと知りつつも、家に帰ってハーモニカを買ってくれと親父にせがんでみた。 […]

小林正観さんの伝える【子育て】の方法

子どもは育てるのではなくて育つのです。 勝手に育ちます。 そして、育つときの条件というのは、一番身近にいる親、つまり父親や母親、特に母親の影響が大きいのです。 なぜなら一緒にいる時間が長いからです。 その母親が楽しそうに生きていることが重要 […]