人をほめるのが苦手

人をほめるのが苦手という人はたくさんいます。 「照れくさくていい出せない」 「どうほめていいかわからない」 そういった素直な理由だけでなく、中には複雑な理由をあげる人もいます。 「下心があるみたいでイヤだ」 「わたしがほめて喜ぶんだろうか」 […]

他人からほめられると、運動技能が向上する!?

自然科学研究機構や名古屋工大、東大先端研の共同研究によって、運動トレーニングの際に他人からほめられると、上手に運動技能を習得できることがわかったというのです。 研究によれば、パソコンのキーボードのキーを、ある順番にできるだけ速く叩く指運動ト […]

ほめるというのは本当に難しいこと

基本的には「ほめる」に賛成なのですが、一方、ほめるというのは本当に難しいことだというのも事実です。 認知的不協和があるからです。 よく絵を描く子ともに「上手に描けたね」「えらいね」などと声をかけるほめ方は、あまり感心しません。 絵を描く子は […]

叱り方・ほめ方・教え方100の鉄則

自分ではよかれと思ってしたことが、 他の人にはそうとは受け取ってもらえないことが多い。 われわれの人間関係には、 いつもこの問題が大きく横たわっている。 われわれは、常に自分の思いと人の思いが違っていることを考えていなければならない。 たと […]

良いエネルギーの入れ方

人をほめることで、どんどん、よいエネルギーが入ってきます。 裏を返せば、人は、どれほどほめられる機会が少ないか、ということなのかもしれません。 ほめられる機会が少ないからこそ、人は、ほめられるとうれしいんです。 そうやってまた1つ、楽しい波 […]

子育てにおける「ほめ方」

スタンフォード大学のキャロル・ドゥエック教授が小学5年生の子どもを集めて無作為に2つのグループに分け、IQテストに取り組ませました。 1番目のグループには、「とてもいいスコアね。あなたは頭がいいのね」と伝え、2番目のグループには、「とてもい […]

教育のヒント「あることを褒めるといい」

道徳的規範は、子どもが正しい行いをしたあとに親がどう声をかけるかによって形成される部分がある。 多くの人は子ども自身ではなく、その行ないを褒める。 「いいことをしたね。思いやりのあることをしたね」と。 行動を褒めることでその行動は強化され、 […]

高嶌幸広「叱り方・ほめ方・教え方100の鉄則」

叱る時には「一時に一事」を旨とする。 そのときそのときの叱るべき言動だけを対象にする。 他のことは絶対に持ち出さないことである。 よく、ここぞとばかりに、 今まで叱りたいと思っていたことをぶつけて、 部下を叱っている上司を見かけるが、 原則 […]

口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」

人から褒められると、誰しもうれしいものです。 自分は認められていると思えば、 うれしいだけでなく元気もでてきます。 やる気もでてくる。 だから成績もよくなる。 仕事もできるようになる。 プラスの言葉を使うということは、 自分で自分を褒めてい […]

運の教科書「ある学生の運を上げた話」

大学の私のゼミにちょっと弱点のある学生がいました。 何かというとすぐ気分をくずしてしまうので、精神的にもっと安定させたほうがいいと思って、最初はいろいろ注意をしていました。 それでもあまり改善がみられなかったので、途中からほめることに方針を […]