超一流の脳の使い方

30代までの脳にとって、「失敗」は、脳のメカニズムの一環で、必要不可欠な頻出(ひんしゅつ)イベントである。 若者は、いちいち落ち込んでいたら、脳が疲弊してしまう。 それではまるで、おしっこする度に落ち込んでいるようなもの。 好奇心が萎えてし […]

年をとるほど賢くなる「脳」の習慣

ペンシルバニア州立大学の心理学者であるウィリスは、夫のK・ワーナー・シャイエと一緒に、最も長期にわたり、最も大規模で、最も評判のよい寿命研究のひとつである「シアトル縦断研究」を行っています。 この研究に参加している人々は、すべて健康な成人で […]

脳が悦ぶと人は必ず成功する

「人を喜ばせること」で享受できるものはたくさんあります。 それは当然のこと。 なぜなら「おもてなし」というのは、簡単なように見えて、実は結構、知恵を要求されるものだからです。 もちろん「ひらめき」が人を喜ばすカギになるのですが、その結果なに […]

脳は体以上に疲れている

ストレスというのは、その原因も含めて漠然としていることが多いものですが、ストレスを減らすアプローチの仕方はいたってシンプルです。 「脳を疲れさせない」「脳を休める」。これに尽きると思います。 疲れを感じたとき、「体を休めよう」と思う人はいま […]

ちょっとした脳の実験

突然ですが、少し実験をしてみたいと思います。 もし可能なら、ペンなどの書くものと紙を用意してください。 腕時計を持っている人は腕時計、持っていない人は携帯電話のデザインをできるだけ正確に思い出して書いてください。 見てはいけません。 2、3 […]

脳は、何かを「まね」することが非常に得意

脳は、何かを「まね」することが非常に得意です。 また、そもそも能力の獲得のためには、模倣は必須です。 ですからまねというのは、私たちが思っている以上に大切なことなのです。 それは大人も子どもも変わりません。 私たちの脳には、模倣を助ける神経 […]

茂木健一郎「ステルス戦略」

「ステルス」とは、戦闘機やミサイルの航行の際に、敵のレーダーを巧みに遮って、ひそかに進むことです。 皆さんも、何か目標がある時や、何かをやり抜こうとしている時に、それを周囲に公言するべきなのか、それとも黙ってこっそりやったほうがいいのかと、 […]

脳の15%の使い方

雑誌「サイエンス」に、 「人間は、脳の15%を、相手が話していることばの裏で、何を思っているのか、分析するために使っている」 とする記事が載っていました。 脳の15%は、相手を警戒するために使っているんですね。 なぜなら、人間にとって人間は […]

苫米地英人「すべてを手に入れる残り97%の脳の使い方」

もしも、あなたが外国でレストランに入ったとしましょう。 あなたは、その国の言葉を読むことができません。 ですから、メニューが読めないわけです。 一緒に来ている友人は、その国で生活をしているので、メニューも読めますし、何がおいしいかも知ってい […]

脳にはネガティブな情報のほうに価値を見出しやすい

まず認識していただきたいのは脳にはネガティブな情報のほうに価値を見出しやすい傾向がある、ということです。 この効果を「ネガティビティ・バイアス」と言います。 心理学者のジョナサン・ハイトは自著『しあわせ仮説』でこのように述べています。 「人 […]

脳と体の動きが一変する 秘密の「かけ声」

みなさんは、ビンのフタが固くて飽かないとき、「グゥーッ!」といった声を出しながら力を入れたら開いた、という経験はありませんか? 私たちは力を入れてふんばりたいときによく声を出しますが、あれは実に理にかなった行動です。 私は、「グゥーッ!」と […]

脳にある「やる気のスイッチ」

脳には、一度その行動を始めると、のめり込んでしまうという性質があります。 脳にある側坐核という部分がやる気の「スイッチ」なのですが、一度作業をやり始めると、この「やる気スイッチ」が入り、やめられなくなってしまいます。 テスト勉強中に始めた掃 […]

1 2 3