できない。無理だ。所詮、夢だ。幻だ

あなたが発する言葉には威力があるのです。 毎日毎日、心の中で 「できない。無理だ。所詮、夢だ。幻だ」 などと自分の言葉で自分の頭を洗脳していたら、 そういう方向に向かっていくのは当たり前のことです。 「できない自分、能力のない自分」をつくっ […]

デイ・サイエンス・ナイト・サイエンス

私はよく、科学には「デイ・サイエンス」と「ナイト・サイエンス」があると言います。 「科学」の一般的なイメージ、つまり、仮説にもとづいて綿密に実験を繰り返し、実証を積み重ねていくというのは、「ディ・サイエンス」です。 このように理性的、客観的 […]

我われ人間はいかに生きてきたか

安岡正篤先生が三十五歳の頃のことです。 岡山県閑谷(しずたに)学校において、「古本大学講義」と題して講演されています。 その中で先生は、東洋には「四部の学」というものがあると説明され、概略、次のような話をされています。 「四部の学」とは「経 […]

人生が自分の思ったとおりにならない

ふしあわせだと思うのは、 人生が自分の思ったとおりにならないからです。 「こうなるのが当然だ、こうなるはずだ」という期待に、 すべて答えてくれる人生というのはないのですが、 私達はそうは思わず、 ただ自分は、ふしあわせな人間だという結論を出 […]

生きとし生けるもの

野に咲くタンポポでさえ 詩人の魂をふるいたたせ 一匹のこおろぎでさえ 病める人の心を癒す 五体に障害を持つ人も その微笑みで 人の心を照らし そのまなざしで 愛を伝えることができる 生きとし生けるもの そのすべてには 授かったいのちの輝きと […]

中国の思想

桀王や紂王は天下を失ったが、それは、人民を失ったということである。 人民を失ったとは、人民の心を失ったことである。 天下を手に入れるにはどうするか。 人民を手に入れればよい。 人民を手に入れるにはどうするか。 人民の心を手に入れればよい。 […]

考える力、やり抜く力

考えてみてもらいたい。 論文や資料を見て、 他にも同じような製品の研究をしている奴がいたといって安心しているようではダメなのだ。 他にもいるということは、とりもなおさず独創性に欠けるということなのである。 それよりもむしろ、誰もとりかかって […]

世界のことわざ

「何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける」(アラビアのことわざ) 言い訳ばかりする人を、たまに見かける。 どの人も、人に嫌われていた。 それはよくわかる。 自分の非を絶対に認めないのだから。 最も多いのは、いつもで […]

孔子「人としてどうあるべきか」

孔子はその訓えの中で、「人としてどうあるべきか」ということを語っています。 その中には「徳の心」「仁の心」というように、人として持つべき心を説いています。 そしてそこでは、「中庸の心」も訓えています。 「中庸(ちゅうよう)」とは、「偏ること […]

本当に自己は制し難い

《釈尊はいう。まず自分を正しく整え、次いで他人に教えよ。そうすれば煩わされて悩むことが無いだろう。他人に教える通りに、自分でも行え。自己は実に制し難いからである。》 本当に自己は制し難い。 人に忠告するのは簡単である。 人に良きことを説きた […]

武士道とは畳の縁を歩くことである

「武士道とは畳の縁を歩くことである」。 武士道とはいかなるものか?との問いに対し宮本武蔵はこのように答えたという。 畳の縁くらいの幅なら誰でも外さずに100メートルくらいは簡単に歩くことができる。 ところが状況が変わればどうなるか。 標高1 […]

1 2 3 4 5 82