斎藤一人さん「妄想してもいいことが起きません」

話しているとね、必ず否定論を入れたがる人がいるの。 “妄想してもいいことが起きません” “妄想すると、人から変な人だとか言われますよね?”とか。 あのね、なぜ物事を否定的に言うの?って。 物事は、どこからでも否定することができるんだよね。 […]

「デザイン思考」でゼロから1をつくり出す

テレビ局の元プロデューサーで、現在は現役を引退している私の知人が、こんな言葉をつぶやいたことがあります。 「私たちの時代は本当に良かった。先輩のやり方を真似ていれば、万事うまくいきましたからねぇ…」 いまこの本を手に取っている人がこの言葉を […]

福岡市を経営する「福岡市長の本」

市長になってから、さまざまな改革を行いました。 役所には、少子高齢化にともなって社会保障の経費や公共施設の改修費用が毎年大幅に伸びる一方で、子育て支援などの新たな財源も必要になっているという課題がありました。 そこで、素人の私ではチェックで […]

幸福コンプレックス

もし、あなたがなかなか自分自身の道が開けてこないということで悩んでいるなら、 まだ当分というか、 これからもずっと、あきらめないでほしい。 あなたにとっては、ただたんに時が熟していないということだけのことなのかもしれないからだ。 それぞれに […]

どんな成功者としての考えをもっていればよいのでしょう

人格的に向上していくために、どんな成功者としての考えをもっていればよいのでしょう。 それは「どのような人間になりたいか」という自分の未来像をはっきり心に描くことです。 その思いが正しいものであり、より具体的で、 それを成し遂げようとする自助 […]

「ぼっー」と過ごした一日

朝起きて今日これから起こることを何も考えず、 時間に押し流されるように、 ただ「ぼーっ」として過ごせば、 結構無駄な時間が多くなって、充実した一日は暮らせません。 朝起きたとき、たとえば 「今日はこれと、この仕事を必ずしよう。 できれば小さ […]

人生好転の方法

自分の不幸を人の責任にする。 この考え方が、まさに自分を見失っているところなのです。 人の責任ばかりではなく、環境の責任にしたりするのも同じことです。 幸せになるためには、自分がどう生きなくてはならないかをよく考えて行動しなくてはなりません […]

堀江貴文「考えたら負け」

■《「修行」は意味がない。「研究」しよう》…価値はユーザーが決める… 一番よくないのは、10年修行したこと自体を「ありがたがる」ことだ。 「10年修行をして作った卵焼きなのだから、そこに価値がある」と思ってしまう。 同様に、「苦労して何かの […]

短所→長所変換辞典

ひとりの人間はどの面からみるかによって 同じ人でもずいぶんイメージが違ってくるものです。 私はいつからか心の中に、 「短所→長所変換辞典」を持つようになりました。 例えば、 「おしゃべり→話術がすぐれている・表現力がある・開放的・社交的」 […]

松下幸之助「人間としての正しい生き方」

昔から十人十色といわれるように、人にはそれぞれ、 みな違った持ち味、特質をもって生まれついています。 性格にしても、素質や才能にしても、 自分と同じという人は地球上に1人もいないのです。 そして、そのように、異なった持ち味、特質が与えられて […]

なぜ今、世界のビジネスリーダーは東洋思想を学ぶのか

これまで私たちが生きてきた時代、社会というのは、原則として「近代西洋思想」をベースとして形作られていました。 私たちのライフスタイルはもちろん、働き方も、会社のあり方も、法律、政治、経済の様式まで、あらゆるものが近代西洋思想、近代西洋文明に […]

心はパラシュートのようなものです。

講演会が終わったあとで、私はノートに1枚のメモがはさまれているのを発見した。 それにはこう書いてあった。 「心はパラシュートのようなものです。 開かれなければ、役に立ちません」 私がいつも 「新しいアイデアに心を開きましょう」 と言っている […]

1 2 3 84