念のため思考

ニューヨークに住む日本人の友人が、書類の翻訳を頼んできたことがありました。 手伝うにはそれなりの覚悟がいる膨大な量です。 彼女がご家族の介護をしているのは知っていましたが、本当に困っているのだと思いました。 仕事を他人に頼むというのは、よほ […]

DaiGo「変わるための鉄則」

ポジティブ・チェンジの第一歩として、「変わるための鉄則」と呼ぶべき3つのルールについて説明していきます。 ルール1. 頭はいらない ルール2. 根拠はいらない ルール3. 希望はいらない ルール1. 頭はいらない まずは、「自分を変えるには […]

ダブルに損をすると、得になる

許すということは、損をすることなのかも知れないと思う。 だから、難しいのだ。 貰えるはずのものが貰えなかっただけでも、 「損した」と思うのに、 こちらがそれを与えるなんて、 これでは、“ダブルの損”だと、私は思ったのである。 ところが、やが […]

最強の勉強法

アメリカの大学では、予習してその範囲を学習していることを前提に授業が進みます。 ですから、先生から「あの部分についてどう思うか」といった質問をいきなりされることもあります。 もし、そこで何も予習をしていないと、答えられずに恥ずかしい思いをす […]

会社を経営するときに大切にすべきこと

私が会社を経営していた時、一番大切にしていたのは、売上げや利益を伸ばすことより、社員の人間的成長を図ることでした。 人間は簡単には成長しません。 相当な期間と忍耐力をもって、コツコツと実践を積み重ねることにより、習慣が変わり、人間の質が変わ […]

寝床につくときに…

スイスの哲学者カール・ヒルティは、「寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は幸福である」と語りました。 明日の朝、起きることが楽しみになるかどうかは、幸福のバロメーターです。 「明日はきっとよくなる」と思えれば、生きる希望が […]

自信というのは、生きる上で非常に大切なものです

自信というのは、生きる上で非常に大切なものですな。 第一そうしたものがなければ、生きていてもこんなに頼りないことはない。 もっとも、自信を持ちすぎるのも困りものですがね…。 ぼくも、自信をなくすという経験は何度となくしてますわ。 悲観して、 […]

「愛国心」とは何か?

100%の確信をもって断言しますが、現代の日本人は「愛国心」という言葉に対して、何かしらの抵抗感を持っています。 読者の中に、子供時代から現在に至るまで、「私は愛国心を持っています」と言い続けた日本人が何人いるでしょう。 戦後生まれであれば […]

佐藤富雄「いい言葉は人生を良くする」

つねに前向きな言葉を使っていると、人生は前向きに動いていきます。 「私の人生はよくなるいっぽうだ」 「必ずできる、とにかくやってみよう」 私もつねに、こういう前向きな言葉を使ってきました。 そして、「いくら出世しても、それだけでは面白くない […]

主役になるか、被害者になるか。

あなたの人生の責任を負っているのは、ほかならぬあなた自身だ。 上司、配偶者、親、友人、知人、顧客、景気、天気ではない。 自分の人生で起こることについて他人を責めるのをやめると、すべてが変わる。 自分の人生に責任を持つということは、人生の主導 […]

別の手段を試してみましょう

今のやり方がうまくいかなければ、 別の手段を試してみましょう。 煉瓦造りの壁を突き破ろうとして失敗したなら、 まわりを回ってみる。 それもダメなら、下からくぐり抜ける。 上から乗り越える。 あるいは、いっそのこと壁を移動させる。 成功するま […]

がんこな人には、同じことが起こる。

若いころはせっかちだった人も、年をとるにつれて、自然にゆっくり力が身について、ゆうゆうと生きてゆけるようになる、と単純に考えるかもしれないが、それは大きな間違いである。 ほうっておけば、せっかちな人は年をとるにつれて拍車がかかり、ますますせ […]

1 2 3 75