宮本武蔵の『五輪書』より経営に活かせる考え方

「岩尾の身とは、何事が起きても動かない、強く大きな心のことである。 武士だけではない。 農には農、商には商、工には工の、岩尾の身があるのだ」 たとえば———と、武蔵は言った。 農夫が丹精込めて植えた稲が、冷夏にやられ育たなかったとする。 こ […]

「俺のイタリアン」や「俺のフレンチ」などを手がけ、ブックオフの創業者でもある坂本孝氏の著書より

私がみなさんの心の中に閉じ込めてほしい、しまっておいてほしい、と繰り返し伝えているのは「仲間のために汗をかく」。 この一言っきりです。 他に何も言っていません。 例えば、私たちが学んでいる稲盛塾長の京セラフィロソフィの一つに、「人の行いの中 […]

【仕事術】一寸法師に見る、大きなものを動かすチカラ

私たち普通の人間は弱者である。 弱者が強者に勝つには、どうしたらいいのだろうか。 それを教えてくれるのが、あの有名な「一寸法師(いっすんぼうし)」のオトギ話である。 一寸法師は、力のない小さな弱者。 赤鬼はこわい大きな強者。 両者が対決すれ […]

稲盛和夫が、どのようにJALを再建したのか!?

以前、JALの社員の方々が作品のオファーで僕のアトリエに来ていただいた時にこんな対話ができました。 稲盛和夫会長が、経営破綻したJALをどのように再建したのか聴きました。 すると、答えは、とてもシンプルでした。 「他人のせいにしない」 これ […]

1 7 8 9