実は地方の方が元気なんです。

たしかに、日本全体の経済は縮小しています。 人口は減り始めていますし、少子高齢化は急速に進んでいます。 多くの企業は活路を求めて海外に進出し、国内に留まる企業も生き残りに必死です。 そして、このような傾向は、都市部より地方のほうがはるかに強 […]

利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのか

会社の大小にかかわらず、多くの企業が経営理念を掲げています。 そうしたなか、これまで私が感銘を受けた経営理念は100程度ありますが、どんなに素晴らしい理念であっても、全従業員にそれが浸透していなければ何の意味もありません。 先頃、ラジオに出 […]

「いい会社」をつくるためには

伊那食品工業では、「いい会社」をつくるための10箇条を掲げています。 これは、会社が年輪を重ねるように確実で安定した成長を遂げるための原則です。 以下に記しますが、内容は当たり前のことです。 読者の方も「なーんだ、そんなことか」と思われるか […]

満つれば欠ける、世のならいだよ

当時、69歳の本田宗一郎氏は、一生のうちにいい時も悪い時も必ずめぐってくる。 だからジタバタしてもしょうがないよと若者に優しく語りかけている。 それが右の言葉だ。 加えて、このようにも言っている。 「不況だ、不況だ、と騒いでいるけど、この世 […]

斎藤一人「景気の悪いときに、景気のいい話をする」

景気のいいときに、「景気のいい話」をするのは当たり前。 そうじゃなくて、景気の悪いときに、「景気のいい話」をするのが大事なの。 みんながやる気のないときに、やる気を出すから光り輝くんですよね。 みんながやる気のあるときに、やる気を出すと、た […]

柳井正「お金だけを追いかけるとお金に逃げられる」

【お金だけを追いかけるとお金に逃げられる】 最初はそれに気づかないこともあります。 とにかく収益をあげないと会社が成り立たないからです。 しかしやっていくうちに分かることがあります。 収益だけを追いかけていると、お客様はたいしてお店に来てく […]

なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?

ある日、鎌倉にある滑川(なめりかわ)の川辺を、部下を伴って歩いていたとき、彼は誤って10文銭を川に落としてしまいます。 急いで部下たちに川の中をさがさせましたが、なかなか発見することができません。 そうこうするうちに、日が暮れ、辺りが暗くな […]

稲盛和夫のインタビューより

京セラやKDDIの創業者で、現代の“経営の神様”といわれている“稲盛和夫”氏のインタビュー記事をご紹介させて頂きます。 大手企業の不祥事が相次いでいることについて、語っております。 _______ 今の日本企業は才覚のある人をリーダーとして […]

大久保 寛司 「人と企業の真の価値を高めるヒント」

企業経営にとって一番大事なものとは、いったい何でしょうか? それは高邁(こうまい)な「経営理念」にほかならないと、私は思います。 こういう趣旨のことを申し上げると、「食うか食われるかのこの時代に、何を青臭いことを言っているのだ」という声が聞 […]

SNSを利用した新しいマーケティングの時代が来た

スマートフォンの性能がよくなり容量も増えたことで、現在、専用機といわれている商品が売れなくなっています。 たとえばiPodに代表されるデジタルミュージックプレイヤーや、コンパクトデジタルカメラなどです。 最盛期の5分の1くらいの売上になって […]

あるコンビニの凄腕店長が、V字回復させたお話

ある都心のコンビニエンスストアに有名な凄腕店長がいます。 その店の店長は中国出身の生粋の中国人です。 そして、この店のスタッフはバングラデシュ、パキスタン、ミャンマー、中国の留学生で占めています。 ちなみに、彼の前の店長は日本人でした。 や […]

1 2 3 4 5 9