モラールアップ経営とは

モラールアップ経営とは、たんなるテクニックで成りたつものではありません。 いわば、社長の考え方や生きざまそのものです。 ここで肝心なのは、社長の考え方や生きざまを、どうやったら社員すべてに浸透させるかということです。 一人で威張っているだけ […]

「見えない資産」経営

近年の先進諸国において、企業の価値を決めるのは物的資産や金融資産だけではなく、人材、顧客、研究開発、チャネル、組織、ブランド、知識、マーケットの信頼、ビジネスモデルといった形のないものの価値が相対的に大きくなっている。 これらの資産は貸借対 […]

流行るお店。流行らないお店。

現代小売店の最大の欠陥の一つは、どの店も同じような品を並べ、同じような値段で、同じような売り方をしていることだ。 1、どこにでもある品とほとんど同じ品 2、どこでもやっている同じ売り方 3、どこの店に行っても同じような値段 4、どこの店も同 […]

経営者に刀はいらない

「経営者に刀はいらない」。 ずっと繁盛したいのであれば経営に勝ち負けの戦い意識を持ち込まないことです。 ただ自分の経営と商品が世間の人々の賛同をどうすれば得られるかということに日々努力すればいいのです。 次の時代の世界の繁栄世界では戦術・戦 […]

西田文郎「知・徳・胆(たん)」

私は、経営者に必要な3つの力について、勉強会などでお話してきた。 それが「知・徳・胆(たん)」である。 「知」とは「知性」であり、分析力である。 組織経済学、戦術・戦略、マーケティング、財務、実行力といった、ビジネスモデルの構築に関する部分 […]

王道経営

新将命氏の心に響く言葉より… 我が国では、毎年、3万5000件を越える会社が倒産や廃業をしている。 倒産会社、自主廃業した会社を合わせると、日本では毎日、毎日、1時間に4社すなわち15分ごとに1社が消滅していることになる。 1990年代から […]

松下幸之助「心配またよし」

何の心配もなく、何の憂(うれ)いもなく、何の恐れもないということになれば、この世の中はまことに安泰(あんたい)、きわめて結構なことであるが、実際はそうは問屋が卸さない。 人生つねに何かの心配があり、憂いがあり、恐れがある。 しかし本当は、そ […]

コミュニケーションの量と質

人間関係が良好であるというのは職場におけるすごく大事なベースになります。 それに、勤めているときに良好な人間関係をつくれるようになっていたら、独立した後も良い人間関係をつくれる人になるのではないでしょうか。 これは、すごく大切なことです。 […]

実は地方の方が元気なんです。

たしかに、日本全体の経済は縮小しています。 人口は減り始めていますし、少子高齢化は急速に進んでいます。 多くの企業は活路を求めて海外に進出し、国内に留まる企業も生き残りに必死です。 そして、このような傾向は、都市部より地方のほうがはるかに強 […]

利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのか

会社の大小にかかわらず、多くの企業が経営理念を掲げています。 そうしたなか、これまで私が感銘を受けた経営理念は100程度ありますが、どんなに素晴らしい理念であっても、全従業員にそれが浸透していなければ何の意味もありません。 先頃、ラジオに出 […]

「いい会社」をつくるためには

伊那食品工業では、「いい会社」をつくるための10箇条を掲げています。 これは、会社が年輪を重ねるように確実で安定した成長を遂げるための原則です。 以下に記しますが、内容は当たり前のことです。 読者の方も「なーんだ、そんなことか」と思われるか […]

1 2 3 8