すべてにこだわらない

人間が老(ふ)けこまないようにするコツは、こだわらないということです。 このこだわらないという言葉を、つねにどんな場合でも忘れないようにしていく修練をしてください。 つまり習慣づけるようにすることです。 すべてにこだわらない。 国籍、性別、 […]

最初から大きなゲームはできない

最初から大きなゲームはできない。 ささやかなゲームに勝てば、 次はもう少し大きなゲームに参加できる。 それにも成功したら、ゲームはさらに大きくなる。 小学校に入ったら、まず一年生から始める。 それが終わったら2年に進級し、さらに3年生になる […]

本物かどうか、見抜く自信

格好がそれらしい人(偉そうで、立派そうな人)は、逆に危ないということを覚えていてください。 自分の中に真なるものがあり、ゆるぎない自信がある場合は、このような格好をする必要はありません。 見た目が普通の人のほうが、本物である可能性があります […]

喜怒哀楽の心理学

人間の感情は、喜怒哀楽から成っている。 喜びも悲しみも、決して、 単独で存在しているのではない。 感情が豊かになるということは、 いつも楽しく生きるということではない。 怒りも悲しみもしっかり感じられるようになることを意味する。 だから、悲 […]

斎藤一人「楽しい人って…」

一人さんは教えてくれます。 「なぜ楽しいかって言うとね、オレはね、いつも楽しいこと考えてるからなの。 楽しい人って楽しいこと考えてるんだよ。 私、つまんないんですって人は、いつもつまんないこと考えてんの。 いつも怒ってるようなヤツって、いつ […]

人間とは一人ひとり皆違う

人間について「わかった!」などと夢考えてはいけない。 人間とは一人ひとり皆違う。本当に違う。 知り合う人間一人ひとり、 最初は「こういう人だろう!」と推測する。 一年、二年……たつうちに、今までの人間関係とは、 まるで異なる側面を見せ始める […]

空腹感をおぼえるハングリー精神こそ

昔から、親に勧められて、力士や僧侶になった者で大成したものは少ない、といわれている。 親は、わが子が安全に暮らしてゆけそうな道を勧める。 力士や僧侶、あるいは芸術家などは将来成功するかどうか見当がつかない。 確実性のない職業には親は賛成した […]

「嫌だ」「楽しい」か「ゼロ」

「こうでなきゃ嫌だ」と思ったら、待っているものは「嫌だ」か「ゼロ」。 「こうなると楽しい」と思ったら、待っているのは「楽しい」か「ゼロ」。 「執着」と「おもしろがる」とはどう違うのでしょうか。 執着というのは、「こうでなければ嫌だ」「どうし […]

感情に左右されない

われわれはどんな状態であっても、そのままで幸福になれる。 わたしはそう思っている。 わたしたちは、金持ちイコール幸福、貧乏イコール不幸と、短絡的に考えている。 でも、それはおかしい。 ちょっと考えれば分かるように、この世には幸福な金持ちもい […]

悪いニュース以外はニュースではない

「ニュース」と言えば、 まず悪いニュースを考えるのが普通だ。 新聞社のニュース編集室で働く友人によると、 「悪いニュース以外はニュースではない」 のだそうだ。 「驚くべき1日。 1万便の飛行機が事故もなく目的地に無事着陸」 という見出しには […]

自分の人生を車に置き換える

唐突だが、ここで自動車を購入した自分の姿を想像していただきたい。 あなたが長年あこがれてきた、ピカピカのヨーロッパ車だ。 おそらく、あなたは週末がやってくるたびに洗車し、ワックスで丹念に磨き、 ほれぼれとしながらその車を眺めるだろう。 それ […]

ビール型人生

20代や30代を人生の最高のときだととらえれば、 あなたの一生はグラスに注いだビールのようなものとなる。 おいしいのは最初の一杯だけで、 時間がたつほどぬるくなり、気が抜けてしまう。 それが、あなたの考える「ビール型人生」だ。 しかし、私に […]

1 2 3 4 13