斎藤一人「かっこよく生きる方法」

■かっこよく生きるって、取り繕(つくろ)って生きることじゃないよ。 たとえば、部下の手柄について、上層部の人に、 「これはあいつの手柄です」 っていう。逆に下の人が失敗したときには、 「これは私の責任です」 っていっている人のほうが、下の人 […]

本能のままに生きていけばよい

もしあなたが「自分はこんなふうに生まれついたのだ。だから、こんな自分を変えることなんてできはしない。あれこれ言ってみてもしょうがないのだ」と考えているならば、努力など一切することはない。 すべてのことを成り行きにまかせて、本能のままに生きて […]

自分の魅力を引きだす「生き方のルール」

自分はダメだといわないこと。 自分を責めはじめたり、 他人と比べて自分はダメだと思いはじめたら、 それは気持ちを切り替えなさい、というサインです。 仕事や人間関係で感じるストレスも、 周囲の抵抗も、 飛行機が飛び上がっていくときと同じで、 […]

伊能忠敬の人生

日本列島を正確に測量した最初の人は、伊能忠敬であった。 49歳のとき、家業の酒造業を息子に譲り、50歳から天文学、暦学の勉強を始める。 55歳から71歳まで17年間、日本列島を歩き続け、 「大日本沿海実測全図」(通称「伊能図」)を完成した。 […]

「頭のいい人」はシンプルに生きる

人は自分が利口なのかどうかを、 どのようにして判断するのだろうか。 他人と自分とを比較して決めるのである。 自分が落ち着いているかどうか、魅力的か、 また、価値ある人物なのか、 幸福か、成功しているか、 物事をやり遂げているか…… 周りの人 […]

日野原重明「5000人の死を看取ってきた医師」

「有限の命を生きる」 日野原重明(聖路加病院理事長・同名誉院長) 医師になって70年近い歳月が流れました。 93歳になるまで私はほぼ5000人の死を看取ってきました。 人間は百パーセント死にます。 別の言い方をすると、人間は「死の遺伝子」を […]

1 11 12 13