行動することが生きることである

辛かった思い出、人聞きの悪かった出来事は、 1日も早くさっぱりと忘れてしまう方が好いと思うんです。 そういう思い出は、本人自身にとっては ほんとうに辛かったに違いありません。 キューンと胸を指されたような気がしたに違いありません。 このキュ […]

思い通りにならない、それが「苦」

思い通りにならない、それが「苦」。 「思い」がなければ、思い通りにならないという現象は起きない。 「苦」は生じない。 「思い」を持たない。 それは、目の前で次々と起きる一般的に不幸だといわれている現象に対しても、「ああ、そうなりましたか」と […]

私たちの時間や場所には限りがある。

私たちの時間や場所には限りがある。 そこに何もかも詰め込もうとするのは、小さな箱の中に図書館の本を全部押し込めようとするようなものだ。 できるはずがない。 あっという間に箱がぼろぼろになってしまう。 それなのに、私たちは制限のない生き方をや […]

屈託なく生きる人に共通している要素は多い

屈託なく生きる人に共通している要素は多い。 思いつくままに挙げてみると、 一、積極的にやってみる。迷ったときには、まずやることに賭(か)ける。 二、イエス、ノーだけでなく、第三の道でもよいから、自分なりの三つを見つける。徳富蘇峰が大久保利通 […]

「縁」についてもっとも大切な原則

「縁」についてもっとも大切な原則を紹介しましょう。 「縁」は、動いて作っていくものです。 まずすべきことは、「縁」を築ける場所に足を運ぶことです。 ただし、「縁」は築ければ何でもいいというわけではありません。 不要な縁を一生懸命築いたところ […]

お水のおかわりください

本当にこれは日本人の習性なのかと思えるほど、日常生活のさまざまな場面で「少々お待ちください」という言葉を聞きます。 ファミリーレストランで「お水のおかわりください」と依頼しても、「少々お待ちください」。 役所の受付で「〇〇届をください」とお […]

雨がふってもよろこぼう

他人の言う通りにして失敗しても自分の責任。 責任を他人に求めるのは簡単です。 そうしたくなる気持ちもわかります。 ですが他人に責任を求めても、問題は解決しないのです。 自己責任という意識を徹底すると、 当事者意識が芽生えてきます。 人は毎日 […]

松下幸之助「強運なくして成功なし」

私が一言申し上げたいのは、今日においてはあまり利害にとらわれないだけの腹をつくってもらいたいということです。 これは私自身にいつも言い聞かせているんです。 おまえ自身は利害にとらわれたらあかんぞ、利害にとらわれたら男がすたるぞ、と、こういう […]

松下幸之助「事業が軌道に乗り始めたとき」

私が家内と二人で商売を始めてしばらくしたころのことです。 当時は商売がすこし順調に進んできたところで、朝から晩まではり切って一生懸命に働いておりました。 ところが、そのうちに従業員がふえてきて、7,80人になってきましたが、その中に一人悪い […]

人間って生ものだから

早く決める、すぐに動く。それもすごく大切なことだと思います。 人間って生ものだから、足元からどんどん腐っていくって知ってますか?怖いで~。 こないだも、現場のビューティーディレクターの子が、ショップオーナーになるかならないかで悩んでいたから […]

1 11 12 13 14