武士道とは畳の縁を歩くことである

「武士道とは畳の縁を歩くことである」。 武士道とはいかなるものか?との問いに対し宮本武蔵はこのように答えたという。 畳の縁くらいの幅なら誰でも外さずに100メートルくらいは簡単に歩くことができる。 ところが状況が変わればどうなるか。 標高1 […]

武道の大本をなんと心得る?

《武士たる者は、武道を心懸(か)くべきこと、珍しからずといへども、皆人油断と見えたり。》 (武士たる者が武士道を心がけねばならないということは、格別とりたてて言うほどのことでもないが、すべての人に油断があるように思う) 「武道の大本をなんと […]

幼いときから勇気を養う

江戸時代に武士の心得について書かれた『葉隠』にも、責任感ある子どもに育てるための教えが書かれている。 「幼いときから勇気を養う。 仮にもおどしたり、だましたりしてはいけない。 強く?りつけると引っ込み思案になってしまう」 こうしてあらためて […]

正岡子規「感動する!日本史」

子規は、江戸時代末期に、四国の松山に武士の子どもとして生まれました。 子規が生まれて間もなく明治維新が起こり、封建制度が廃止されるのですが、子規は、自分が武士であるということに誇りを持ち続けました。 そして、武士道に人一倍強い憧れを抱き、「 […]

【葉隠】に学ぶ!ピンチに陥った時の対処法

ピンチは、その人の本質を浮かび上がらせます。 人間として未熟であり、まだまだ練られていない人は、どれだけ取り繕ってみても馬脚を現してしまうのです。 「剛勇か臆病かは、平時にあっては知る事はできない。まったく別物である」(聞書2−75) そう […]