未来の稼ぎ方「人生100年、会社10年」

私はこれからの時代の特徴を次のようなフレーズで考えている。 そして、これが、自分が属していない分野の知見も必要になってくる理由でもある。 《人生100年、会社10年》 ひとびとはこれから100歳まで生きるようになる。 しかし、会社というプロ […]

人生とは、築きあげるプロセス

あなたは、過去数年間の思考や行動によって、 今いる場所に運ばれてきました。 今後10年なり20年の間にあなたが体験することは、 あなたの今日の行動によって決まります。 友人、家族、仕事、銀行の残高、住む場所、 これらは皆、あなたがとる行動に […]

これからお金を稼ごう

「お金というのは経済を回していくための道具に過ぎません」 「今後、さらに紙幣や硬貨は電子マネー化し、どんどん便利に、同時に実体がなかなかつかめないものになっていくでしょう」 「お金そのものも進化しているのです。だから、使う人間も知識で武装し […]

司馬遼太郎「21世紀に生きる君たちへ」

21世紀に生きる君たちへ(司馬遼太郎) 私は、歴史小説を書いてきた。もともと歴史が好きなのである。 両親を愛するようにして、歴史を愛している。 歴史とはなんでしょう、と聞かれるとき、 「それは、大きな世界です。かって存在した何億という人生が […]

AIに振り回される社長

最新のテクノロジーが戦い方を変えるというのは、何も現代に限ったことではありません。 発想を柔軟にしてもらうために、時代を変えて説明しましょう。 戦国時代には鉄砲という新しいテクノロジーが登場し、戦い方を変革させました。 その象徴的な場面が、 […]

AIvs.教科書が読めない子どもたち

私は日本人の読解力についての大がかりな調査と分析を実施しました。 そこでわかったのは驚愕すべき実態です。 日本の中高生の多くは、詰め込み教育の成果で英語の単語や世界史の年表、数学の計算などの表層的な知識は豊富かもしれませんが、中学校の歴史や […]

小林正観「念」についての話

「念」についての話をしました。 「念」という漢字を分解すると、「今」と「心」に分かれます。 私たちは、過ぎてしまって取り戻すことができない現象にクヨクヨし、まだ来てもいない未来に対して取り越し苦労をします。 けれど、もっとも大事なのは「今」 […]

10年後、君に仕事はあるのか?

《高校生諸君へ》 君たちは親と違う人生を歩むと言うけれど、どこが決定的に違うのか? 大きく3点あります。 ものすごく大きな違いがね。 1つめは、君たちが社会人になる2020年代の半ばには、多くの親が体験した「標準的な人生モデル」は追求できな […]

日常の延長線上にあるビジネス

これからのビジネスは、一部のカリスマ経営者や、一部の天才クリエイターがつくるものではないと思います。 日常の延長線上にあるのです。 バブル期に成功した人たちは、当時の成功体験を引きずっている場合が多いようですが、今すぐそれを捨て去るべきです […]

AI時代の仕事術

現在、AI(人工知能)や自動運転などの言葉を聞かない日はありません。 インターネットの普及以来、技術の発展が驚くほど加速してきました。 たとえば囲碁は非常に複雑な競技なので、AIが囲碁の世界のトップレベルの棋士に勝つのは、かなり先だと言われ […]

昔はよかった

「昔はよかった」とよく聞きますね。 が、本当に昔がよかったのか、そうじゃない。 新しい時代に適応できなくなっただけです。 昔は老人は希少価値でした。 ところが、今は変化の時代だから、老人の経験をそのまま役立てるのは難しい。 一番まずいのは、 […]

1 2