工業社会とは異なる新たな教育の考え方とシステムが必要

いま先進国の文明は、知業(知識産業、知恵産業)の時代に入っています。 知業とは、ソフトウェア、情報、デザイン、ブランド、特許、サービスなどの知的財産が主に付加価値を生み出す産業構造です。 しかし、教育を含む日本の社会構造は、「知業化」への対 […]

新しいことをやるとき

何か新しいことに踏み込んでいこうとするとき、 私たちはよく 「お金がないからできない」と言う。 「年を取りすぎているからできない」 という言い訳も、 同じように頻繁に耳にする。 こんな言い訳を並べることによって、 私たちは初心者になる面倒く […]

続ける技術

「続け方を知らない」という指摘に、違和感を覚えた人もいるでしょう。 「週に2回と決めた勉強を、毎週やるだけ。そんなことはわかっているよ」と。 しかし、多くの人がそれを意思の力でやろうとしています。これがダメなのです。 新しいことに取り組み始 […]

新しいことをする時、損をしたくない心理

ウーバーやリフトは便利なサービスですが、日本では規制があってサービスができません。 いわゆる「白タク」扱いになっているからです。 おそらく、タクシー業界の反対などがあって、規制緩和ができないのでしょう。 「得をしたい」という一般大衆の声より […]

新しい役割に前向きに取り組まなくてはならない

過去の優れた実績や高い名声、自信を持っていたものが、 去っていったり、忘れられたりするのは辛いでしょう。 人によっては、生きていく価値さえ奪われてしまうかもしれません。 でも、冷静に自分自身を見つめてください。 あなたを必要以上に辛くしてい […]